専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「いかに難しいことか…」大谷翔平、投打二刀流の活躍に指揮官は惚れ惚れ。チームを活気づける“大谷効果”にも言及

THE DIGEST編集部

2021.04.27

大谷らしい二刀流の活躍でチームを勝利に導く。その姿勢は指揮官を、チームメイトすらも魅了している。(C)Getty Images

大谷らしい二刀流の活躍でチームを勝利に導く。その姿勢は指揮官を、チームメイトすらも魅了している。(C)Getty Images

 メジャー史にまた一つ、偉大なレコードが刻まれた。

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地時間4月26日、敵地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発出場。投げては初回に4点を失いながらも5回3安打2四球、毎回の9奪三振をマークし、打っては3打数2安打2打点3得点と投打で活躍し、1072日ぶりとなる勝利投手になったのだ。

 大谷はこの試合前の時点でメジャートップタイの7本塁打を放っていた。両リーグ本塁打王が先発登板するのは、“野球の神様”ベーブ・ルース以来実に100年ぶりの偉業。そして、この快挙をルースと同じく二刀流で貢献したのだから、改めてその才能たるや凄まじいものである。

 そして、才能を誰よりも肌で感じているであろう人物が、エンジェルスの監督であるジョー・マッドンだ。指揮官は試合後の会見で大谷ついて訊かれると、「オオタニはバント安打を含めてあらゆることをした。今日の彼のプレーを見て面白いと感じないなら、野球の試合を見て面白いと感じることはできない」と大絶賛。
 
 さらにこう続けた。

「エンジェルスの選手たちは、オオタニが成し遂げていることの真価を認めているんだ」

 いわく、「みな優れたメジャーリーガーだ。フィールド上では野手や投手のどちらかでプレーしている。だからこそ、オオタニが投打二刀流をこなしているのを見ると、いかにそれが難しいことか、皆が十分に理解しているよ」。マッドン監督はま、大谷が打って、投げて、走って、全力でプレーする姿勢がまた、チーム全体にエネルギーを与えてくれているとも言及した。

 エンジェルスは球界最強プレーヤーであるマイク・トラウトを擁しながら、プレーオフには2014年以来遠ざかっている。しかし、大谷が健康状態を保ってチームに活力をもたらし続けることができれば、大谷自身の成績はもちろん、チーム成績も間違いなく向上するはず。

  少なくとも指揮官は、“大谷効果”に期待しているはずである。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】大谷翔平、指揮官も称賛した二刀流の活躍で1072日ぶりの白星ゲット!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング