専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「20世紀のトレバー・バウアー」物理オタクのサイ・ヤング賞投手、マイク・マーシャル逝く<SLUGGER>

豊浦彰太郞

2021.06.08

自ら“振り子投法”と命名したマーシャルの投球フォームはしばしば「不恰好だ」と笑われたが、「醜いのは故障を招く投げ方だ」と気にも留めなかった。(C)Getty Images

自ら“振り子投法”と命名したマーシャルの投球フォームはしばしば「不恰好だ」と笑われたが、「醜いのは故障を招く投げ方だ」と気にも留めなかった。(C)Getty Images

 5月31日、リリーフ投手として初めてサイ・ヤング賞を受賞したマイク・マーシャルが亡くなった。享年78。彼を語るには、“アイアン・マイク”(鉄人マイク)と称された業績とともに、その特異な個性にも触れねばならない。

 マーシャルは1967年にメジャーデビューして以降、14年のメジャー生活で計9球団に在籍。主にリリーフとして97勝112敗、188セーブを記録した。セーブ王には3度(73年、74年、79年)輝き、球宴選出も2度(74年、75年)。特筆すべきはドジャース在籍の74年で、メジャー記録の13連投を含む106試合に登板し、投球回数は何と208.1。現代なら先発投手でもよほどタフな投手でなければ記録できないイニング数だ。

 これだけ登板して交代完了が83もありながら、セーブが21にとどまっているのは、マーシャルがセーブが付く場面か否かに関わらず、たとえ試合の中盤からでも登板したことを物語っている。この八面六臂の大活躍を評価され、前述の通りリリーフ初のサイ・ヤング賞に輝いた。
 
 当時のリリーフ投手はそれこそ「潰れるまでこき使われた」(worked to death)のだが、それでもマーシャルの登板ペースは群を抜いていた。ツインズでも79年に90登板を果たし、これは現在もア・リーグ記録。同一カテゴリーで両リーグのシーズン記録を持つ稀有な選手でもある。イニング跨ぎももはや日常で、71~75年は5年連続100投球回以上。76年も99.1イニングに投げた。

 若いファンにマーシャルの人となりを説明するなら、トレバー・バウアー(ドジャース)とカイル・ボディ(最先端トレーニングの総本山ドライブライン・ベースボールの創立者)をミックスしたような男と言えば良いだろうか。現役時代に運動生理学で博士号を取得したインテリで、引退してからほぼ20年が経過した2000年頃、フロリダにベースボール・アカデミーを設立した。当時から加重ボールを使用したトレーニングを導入し、スピンレートに着目していた。まさしく、ドライブライン・ベースボールの先を行っていたのだ。
 
NEXT
PAGE
「人格に難アリ」もバウアーと同じ?

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング