専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「まるでゴルフのような……」大谷翔平、低めのボール球を打って後半戦初本塁打!ゲレーロJr.に3本差をつける今季34号

SLUGGER編集部

2021.07.19

低めに外れるボール球だったが、リーチの長い大谷には関係なし。打球はライトスタンドへと一直線に飛び込んだ。(C)Getty Images

低めに外れるボール球だったが、リーチの長い大谷には関係なし。打球はライトスタンドへと一直線に飛び込んだ。(C)Getty Images

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が現地時間7月18日、本拠地で行なわれたシアトル・マリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場。チームは4対7で敗れるも、大谷は第5打席に後半戦初本塁打となる34号2ランを放った。

 初回の第1打席はまず空振り三振に倒れた大谷。2点ビハインドの3回の第2打席は、2死一、三塁という好機で回ってくるものの、ここはチェンジアップがいずれも外角高めに外れる敬遠気味の四球。続く第3打席も同様のフォアボールで出塁した後、4打席目は俊足を飛ばして内野安打とする。
 
 そして、9回に2死でギリギリ回ってきた5打席目。後半戦15打席目にしてついに待望のアーチがかかった。フルカウントからの7球目、マリナーズの右腕ポール・シーウォルドが投じたスライダーはインローのボール球だったが、これをすくい上げた。

 スポーツライターのジェフ・アイゼンバンドが思わず「オオタニの34号は低めの変化球を“ゴルフ”にした」とツイートした打球は、グングン伸びてライトスタンドへと飛び込んだ。。

 前日はメジャー初の4打席連続三振を喫し、球宴出場による疲労が心配されていた大谷だが、一転しての快音でファンも歓喜。本塁打王を争うライバルでこの日31号を放ったブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)にはこれで3本差をつけ、キングへ向けて再び走り出した。

構成●SLUGGER編集部

【動画】野球と言うよりゴルフ?大谷、低めのボール球をあざやかにすくい上げる
 
NEXT
PAGE
【動画】野球と言うよりゴルフ?大谷、低めのボール球をあざやかにすくい上げる

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング