専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

「え、名前が呼ばれない」2021ドラフトでまさかの“指名漏れ”となった逸材たち

西尾典文

2021.10.12

最速152キロを誇る高校生右腕・市川をはじめ、ドラフト漏れした選手の中にも“掘り出し物”はいた。写真:産経新聞社

最速152キロを誇る高校生右腕・市川をはじめ、ドラフト漏れした選手の中にも“掘り出し物”はいた。写真:産経新聞社

 支配下77人、育成51人の合計128人が指名された今年のドラフト会議。しかしその一方で実力、将来性がありながらも指名されなかった選手もいた。そんな指名を逃した“逸材”について、現地で300試合以上を取材するスポーツライターの西尾典文氏に、特に来年以降再びドラフト戦線に浮上してくる可能性が高い5人を選出してもらった。

①市川祐(関東一高/投手)
 入学直後から大器と評判で、1年夏には早くも甲子園でも登板した右腕。3年春までは140キロ前後だったストレートが夏にスピードアップし、東東京大会・準決勝では最速152キロをマークして東京ドームに詰めかけた観衆を沸かせた。左肩がギリギリまで開かず、ボールの出所の見づらいフォームでコントロールも安定している。

 決め球になる変化球や投球術には課題が残るものの、投手としてのポテンシャルの高さは今年の高校生でも上位なだけに指名がなかったのは意外だった。ドラフト候補に相応しいスピードを見せたのが最後の夏だけだった点が評価の上がり切らなかった理由と考えられそうだが、甲子園に出場して快投を見せていれば違った結果となった可能性も高いだろう。
 
②山本大揮(九州国際大付高/投手)
 九州を代表する本格派右腕で、昨年秋の九州大会ではその後のセンバツで準優勝を果たす明豊を相手に好投。春の九州大会でも先発した2試合で完封、1失点完投と見事な投球を見せてチームの準優勝に大きく貢献した。ストレートは140キロ台中盤だが数字以上の勢いがあり、スライダー、カットボールなど変化球も高レベルで、投手としての総合力も高い。

 わき腹を痛めた影響で夏の福岡大会は万全の状態ではなかったとのことだが、それでも投げるボール自体は素晴らしいものがあった。これだけの力のある投手であれば全国の強豪大学や社会人チームからの勧誘も多かったと予想され、事前に低い順位であればプロ入りしないという判断を下していた可能性も考えられる。順調にいけば数年後は上位候補になることも期待できそうだ。
 
NEXT
PAGE
155キロを出しても、なぜダメなのか……

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング