専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

氏原英明のドラフト採点:森木獲得の阪神、達を指名した日本ハムが最高評価。一方、目玉の小園を引き当てたDeNAは意外にも?<SLUGGER>

氏原英明

2021.10.12

今ドラフトの目玉になったのは4球団競合の隅田(中央)、2球団競合の小園(左)だったが、2人を引き当てた西武やDeNAよりも、むしろ外れ1位で森木(右)を指名した阪神の方が……。写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部/小園)、滝川敏之(隅田)、産経新聞社(森木)

今ドラフトの目玉になったのは4球団競合の隅田(中央)、2球団競合の小園(左)だったが、2人を引き当てた西武やDeNAよりも、むしろ外れ1位で森木(右)を指名した阪神の方が……。写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部/小園)、滝川敏之(隅田)、産経新聞社(森木)

 2021年はドラフト史において歴史的な節目になるかもしれない。

 各球団のドラフトの方針が「いい選手を取ればいい」というだけのスカウティングから、チームの補強ポイントを軸に指名するチームが増えてきたからだ。もちろん、その中でも戦略的にうまくできたチームとそうでないチームはあった。評判に流されない、軸のある指名をしたチームを高評価とした。

 上位から見ていこう。

A評価 阪神
 1位入札指名で小園健太(市和歌山高)を抽選で外しながら、森木大智(高知高)を見事に拾い上げた。中学時代に150キロを投げた森木は高知県出身とあって、藤川球児を彷彿とさせる。看板選手になることは間違いない。2位以下の補強ポイントは投手がサウスポー、打者は右の外野手で、高校生スラッガーも求めていた。

 結果は、2位で鈴木勇斗(創価大)、3位で桐敷拓馬(新潟健康福祉大)と実力派のサウスポー、4位で高校生スラッガーの前川右京(智弁学園高)を指名。さらに、右打者としてU-18日本代表歴のある社会人の豊田寛(日立製作所)も獲得した。下位でブルペンを厚くする岡留英貴(亜細亜大)、今夏の甲子園で2本塁打を放った高校生捕手・中川勇斗(京都国際)も指名してケチのつけようがなかった。
 
A評価 ヤクルト
 ヤクルトの補強ポイントは投手がサウスポーと強い球を投げる本格派、野手は遊撃手、高齢化が進む外野は特に左打者が欲しい状況だった。1位入札で隅田知一郎(西日本工業大)を外したものの、セットアッパー候補の左腕・山下輝(法政大)の交渉権を抽選の末に獲得。2位には俊足好打の丸山和郁(明治大)、3位は即戦力になり得る日本通運の柴田大地、5位では将来性重視で竹山日向(享栄高)と投手をそれぞれ指名し、遊撃手も全国的には無名ながら、三拍子そろった小森航大郎(宇部工高)の交渉権を手にした。阪神と肩を並べるほどの秀逸な指名だった。

A評価 日本ハム
 どこを視点に持っていくかだが、チームが再建期であると考えると、これほどの指名はない。1位では長身右腕の達孝太(天理)の一本釣りに成功。ダルビッシュ有(パドレス)や大谷翔平(エンジェルス)と同タイプの投手だけに育成メソッドもあるはずで、達本人はメジャー志向も強いだけに願ったり叶ったりだろう。2位で右の有薗直輝(千葉学芸高)、4位では左の阪口樂(岐阜第一)とスケールの大きなスラッガー候補を指名。投手では将来クローザーになり得る畔柳享丞(中京大中京)、左腕で松浦慶斗(大阪桐蔭)と同じく将来性豊かな高校生投手も得た。一方、即戦力候補として3位で水野達希(JR四国)、9位で上川畑大悟(NTT東日本)と懸案の二遊間を強化できたのも大きい。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング