専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
侍ジャパン

侍ジャパン、台湾を8-1で下して1位でスーパーラウンドへ! 4番・鈴木が連夜のホームラン【プレミア12】

スラッガー編集部

2019.11.07

初回に先制三塁打を放った鈴木は、3回に今度は豪快な2ラン本塁打をレフトスタンドに叩き込んだ。(C)Getty Images

初回に先制三塁打を放った鈴木は、3回に今度は豪快な2ラン本塁打をレフトスタンドに叩き込んだ。(C)Getty Images

[プレミア12|1次ラウンドB組]日本8-1台湾/11月7日/台中インターコンチネンタル野球場  7日、侍ジャパンは台湾に8-1で完勝し、3勝0敗でオープニングラウンド1位通過を決めた。台湾を応援...
[プレミア12|1次ラウンドB組]日本8-1台湾/11月7日/台中インターコンチネンタル野球場

 7日、侍ジャパンは台湾に8-1で完勝し、3勝0敗でオープニングラウンド1位通過を決めた。台湾を応援する地元ファンが球場を埋め尽くす中、ゲーム序盤からペースを握り、効果的に加点。投手陣も何度かピンチを招きながら要所を抑えた。

 日本は初回、2死から3番・近藤健介(日本ハム)が四球を選ぶと、ワイルドピッチで二塁へ進んんだ後に4番の鈴木誠也(広島)が左中間を破る先制タイムリー三塁打。続く吉田正尚(オリックス)は詰まりながらもライト前にしぶとく落として鈴木が生還し、2点目を挙げた。

 台湾も初回、2死一塁で4番のリン・ホンユーが日本先発の今永昇太(DeNA)からレフトフェンス直撃の当たりを放ったが、一塁走者の緩慢な走塁で生還できず。すると日本は3回、鈴木がレフトへ豪快な2ランを放ってリードを4点に広げた。
 
 今永は3回にも1死満塁のピンチを招いたが無失点で切り抜け、4回からは大野雄大(中日)へリレー。大野も走者を出しながら2イニングを零封すると、6回には丸佳浩(巨人)、9回にも鈴木と途中出場の源田壮亮(西武)がタイムリーを放って大量リードを奪った。

 投手陣は、6回から山岡泰輔(オリックス)、甲斐野央(ソフトバンク)、岸孝之(楽天)とつなぎ、最後は山本由伸(オリックス)が失点したものの、計6投手のリレーで台湾打線を1点に封じた。

 スーパーラウンドは11日から東京ドームとZOZOマリンスタジアムで行われる。ちなみに、A組ではメキシコ(1位)とアメリカ(2位)がすでに進出決定。C組は明日の結果で進出2チームが決まる。

構成●スラッガー編集部

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング