専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「歯がゆい夜だ」大谷翔平がメジャー初の満塁ホームランを浴び、今季2戦2敗で米アナリストから「とても奇妙だ」との指摘も

THE DIGEST編集部

2022.04.15

シーズンの滑り出しに苦しんでいる印象の大谷。まだ昨季のような爆発力のあるパフォーマンスは見られていない。(C)Getty Images

シーズンの滑り出しに苦しんでいる印象の大谷。まだ昨季のような爆発力のあるパフォーマンスは見られていない。(C)Getty Images

 現地時間4月14日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦に「1番・投手兼DH」でスタメン出場。打っては4打数1安打、1四球に終わり、投げては3回2/3(70球)、被安打6、奪三振5、与四球2、失点6で開幕2連敗となった。

【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ戦士”たちの厳選フォトを一挙紹介!

 今季2度目の“リアル二刀流”で臨んだこの日、まず相手先頭のブラッド・ミラーを見逃し三振に切って取った大谷は、味方のエラーでマーカス・セミエンに出塁を許すと、ワイルドピッチも絡んで1死三塁のピンチに。ただ、この回は続くコーリー・シーガーを空振り三振、ミッチ・ガーバーもサードゴロに仕留めて無失点で切り抜ける。

 しかし、ピンチはその後も続く。味方に2点の援護を受けて迎えた二回では、5番ネイト・ロウ、6番ホセ・アドリス・ガルシアに連続安打を許し、8番ウィリー・カルフーンへの四球で1死満塁。すると、9番ジョナ・ハイムに“伝家の宝刀”スプリットを捉えられ、渡米後初となる満塁ホームランを浴びた。

 今季初被弾となったこのシーンには、現地メディアから反応が寄せられており、米人気アナリストのジャレッド・カラビス記者は、公式ツイッターに映像を共有したうえで、「ショウヘイが何か素晴らしいことをしていないクリップを見るのはとても奇妙だ。違和感がある」と正直な感想を綴っている。

 この回での追加点を許さず、続投した3回を三者凡退とした二刀流スターだが、4回も先頭打者カルフーンのツーベースから、ハイムにタイムリーを打たれ、2死を取ったところで降板。米放送局『Fox Sports』のアナリスト、ベン・バーランダー氏は、「ショウヘイ・オオタニのファンとして、はがゆい夜だ」と嘆きのツイートを投稿していた。

 なお、打席は見逃し三振、四球、右飛、見逃し三振、二塁打という内容で終了。4試合連続安打を記録したものの、開幕から自己ワースト30打席ノーアーチとなり、チームも5ー10と敗れている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「君にカーブは恐い」大谷翔平が放った圧巻弾に元同僚は戦々恐々。「ショウヘイは本気で世界記録を破る」と賛辞も

【動画】開幕2連敗の大谷、メジャー初の満塁ホームランを浴びたシーンをチェック

【関連記事】大谷翔平がエンジェルスを“卒業”する日――ワールドチャンピオンを目指すならFA移籍は不可避?〈SLUGGER〉
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング