専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

大谷翔平から満塁弾を放った敵捕手は「才能ある選手から打てたのは特別」と興奮! 偉才の降板に現地記者は驚嘆

THE DIGEST編集部

2022.04.15

今季2回目のマウンドに上がった大谷(左)はハイム(右)にグランドスラムを放たれ黒星を喫した。(C)Getty Images

今季2回目のマウンドに上がった大谷(左)はハイム(右)にグランドスラムを放たれ黒星を喫した。(C)Getty Images

 歓喜と悲鳴が入り混じった瞬間だった。

 それは、現地時間4月14日、アメリカン・リーグ西地区同士の対戦となったロサンゼルス・エンジェルス対テキサス・レンジャーズの2回裏。今季初白星を目指していた大谷翔平(エンジェルス)が、痛恨の一発、それも逆転満塁弾を食らったのだ。

【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ戦士”たちの厳選フォトを一挙紹介!

 マイク・トラウトのソロ本塁打などで2点リードをもらっていた大谷。ところが2回裏に連打と四球で一死満塁のピンチを招いてしまう。ここで流れをなんとか断ち切りたかったが、打席に立った9番ジョナ・ハイムにボールカウント0‐2とした3球目のスプリットを右翼席へと運ばれた。

 3回こそは無失点で切り抜けた27歳だが、4回先頭打者に二塁打を許すと、ハイムとふたたび対峙。今度は初球の4シームを左前へ運ばれて5点目を失った。その後、2死を取ったところで降板。救援投手が2ランを浴びて6失点を喫した。
 
 期待値が高い“二刀流”であるからこそ、この一件に失望するファンやメディアが多いのも事実だ。一方、ハイムの勝負強さに記者らは驚きを隠しきれないようで、MLB公式サイト『MLB.com』のレンジャーズ番ケネディ・ランドリー記者は、「ジョナ・ハイムはキャリア初の満塁弾をアメリカン・リーグMVPであるショウヘイ・オオタニから放った」と驚嘆した。

 試合後、偉業を遂げた本人ですら興奮ぎみで「これはかなり特別なことだ」と口にし、「オオタニのような才能ある選手から満塁ホームランを打てたのは本当に素晴らしい。明日もぜひとも成功させたい」と力を込めている。

 4連戦の初戦は、結局レンジャーズが10-5で勝利。残り3戦で雪辱を果たす一発を大谷に期待したい。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】痛恨の一発を食らう!満塁弾で逆転を許す大谷の姿をチェック

【関連記事】「満場一致とはね」大谷翔平の満票MVPにゲレーロJr.は不満だった? 母国記者に「1つも票がないのは気になる」と吐露

【関連記事】「序盤の姿には失望する」大谷翔平の“打撃不振”ぶりに韓国紙が辛辣評価!昨季HR王のゲレーロJr.の快進撃と比較し「極端なスタートだ」
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング