専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【セ6球団新戦力診断】巨人・大勢はいきなり記録づくめの快投! 新助っ人が開幕戦炎上の阪神だが評価は?<SLUGGER>

藤原彬

2022.04.25

新人王レースのトップを走る大勢。平均153キロのストレートでぐいぐい押しまくる投球が魅力だ。写真:徳原隆元(THE DIGEST写真部)

新人王レースのトップを走る大勢。平均153キロのストレートでぐいぐい押しまくる投球が魅力だ。写真:徳原隆元(THE DIGEST写真部)

 2022年のプロ野球開幕から1か月が経過した。ここまで、各チームの外国人選手やルーキーなど新戦力はどのように機能しているのか。セ・リーグ6球団を「よくできました」「まずまずです」「可もなく不可もなく」「がんばりましょう」の4段階で評価してみよう。

■ヤクルト
<主な新戦力>
コール(投手)
丸山和郁(外野手)
<評価>
がんばりましょう

 大きな補強を施さずにシーズンを迎えた昨季の覇者。ここまで、一軍でプレーしている新戦力はコールと丸山だけだ。二軍でこそ好投していたコールは、4月22日の初登板から2試合で計6失点(自責点4)と炎上する最悪のスタートとなってしまった。もちろん、2試合で結論を出すには早計だが、昨季はMLBで平均150キロを超えた速球が140キロ台半ばと伸び悩んでいるのは気がかりだ。

 一方、開幕一軍入りを果たした丸山も、守備固めとして4試合に出場しただけで4月4日に登録抹消とアピールできず。捕手の内山壮真や遊撃手の長岡秀樹が出場機会を得ているものの、新助っ人、ルーキーとも他球団と比べても活躍できていないのは少し残念だ。

 
■阪神
<主な新戦力>
ケラー(投手)
ウィルカーソン(投手)
桐敷拓馬(投手)
<評価>
可もなく不可もなく

 ヤクルトとのオープニング・ゲームで炎上し、開幕9連敗のきっかけを作ってしまったケラーは2登板目でも黒星を喫して二軍落ち。昨季のセーブ王スアレス(現パドレス)が抜けた穴の大きさが早々に露呈する結果となった。

 かたやもうひとりの新助っ人であるウィルカーソンは4月16日の初登板から2先発続けて6回以上&1失点の好投。変化球を丁寧に投げ分けて、日本野球へ順調に適応しているのは明るい話題だ。桐敷は開幕3戦目の先発マウンドに抜擢。4月14日にはコロナ感染の藤浪晋太郎に代わって先発するなど新人らしからぬ起用法だったが結果は芳しくなく、15日に二軍へ降格した。
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング