専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「もううんざりだ!」大谷翔平への相次ぐ“不可解判定”に米記者も憤慨。「ストライクではない」

THE DIGEST編集部

2022.04.26

次々と襲いかかる不可解なジャッジに、やや不満そうな表情を浮かべた大谷。(C)Getty Images

次々と襲いかかる不可解なジャッジに、やや不満そうな表情を浮かべた大谷。(C)Getty Images

 現地時間4月25日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地でのクリーブランド・ガーディアンズ戦に今季初の「2番・DH」で先発出場。大谷への相次ぐ不可解な判定が、現地でも批判を浴びている。

【動画】これがストライク? 大谷を襲った第2打席での“不可解ジャッジ“をチェック

 この日、対峙した右腕は2020年にサイ・ヤング賞に輝いたシェーン・ビーバー。初回の第1打席、フルカウントからの低めのボール球を見送り、大谷は一塁へ向かったが、三塁塁審はスイングと判定。まさかの空振り三振となり、大谷も呆然とするしかなかった。

 さらに、厳しいジャッジは続く。3回の第2打席、カウント1-0から投じられた一球だ。大谷は、低めのカーブを堂々と見送るもストライクの判定となり、少し不満そうな表情を浮かべた。実際の映像を見ると、ストライクゾーンからボール2つ分ほど外れているのが確認できる。

 このシーンには、現地識者からも非難の声が上がった。かねてより“オオタニ愛”を公言し、米スポーツ専門局『Fox Sports』のアナリストを務めるベン・バーランダー氏が、自身のツイッターで興奮気味に呟いた。
 
「もううんざりだ!ショウヘイ・オオタニは、審判に怒りを露わにするべきだが、それはしないだろう。これはストライクではない」

 ここ数日間打撃でやや調子を落としている大谷。果たして逆境を乗り越えて、昨季のような活躍を見せてくれるだろうか。大いに期待したい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「スズキ以外は思い当たらない」“MLBでは見られない”鈴木誠也の紳士的な行動に米記者感嘆!「対戦相手や審判でさえも驚く」

【関連記事】菊池雄星が“指舐め”で「違反投球行為」の判定!現地記者からは「絶対に知っていなければいけない」と手厳しい指摘も

【関連記事】「ホームのファンがブーイング!」大谷翔平の完全試合“阻止”に、バントを試みたアストロズ選手がまさかの手痛い洗礼
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング