専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

大谷翔平の頼れる“兄貴”トラウトが復活!OPS1.284でMLB1位のスラッガーに二刀流戦士も畏敬の念「野球界最高の選手だ」

THE DIGEST編集部

2022.04.28

3度MVPを獲得したトラウト(左)を“二刀流”の大谷(右)は尊敬の眼差しで見ている。(C)Getty Images

3度MVPを獲得したトラウト(左)を“二刀流”の大谷(右)は尊敬の眼差しで見ている。(C)Getty Images

 ロサンゼルス・エンジェルスの頼もしき“大砲”マイク・トラウトが帰ってきた。

 現地時間4月27日に行なわれたクリーブランド・ガーディアンズ戦で「3番・中堅」で出場したトラウトは3打数2安打、2打点、1四球と躍動し、9-5でチームの勝利に貢献した。

 この日は昨季MVPを獲得した大谷翔平が“リアル二刀流”として「2番・投手」で先発した試合だった。立ち上がりに制球に苦しんだ大谷は、初回2点を先制された。

 早めに追いつきたいエンジェルス。その裏、1番テイラー・ウォードが二塁打を放つと、大谷が二ゴロの間、ウォードは進塁。1死三塁の局面でトラウトがレフトオーバーのタイムリー二塁打を決めて1点を返した。

【動画】尊敬するトラウトに奮起!大谷+トラウトの連続タイムリーをチェック

 4回は2死一二塁で回ってきたスラッガーは、ファウルで粘り8球目で四球を選択。6回は1死二塁で左翼線へ運び、タイムリーツーベースとした。まさにチャンスを逃さない働きを見せる背番号27は、OPS1.284(MLB1位)、出塁率.476(MLB1位)、長打率.808(MLB1位)と、文字通りMLBを席巻している。
 
 これまで2014、2016、2019年と3度アメリカン・リーグMVPにも輝いたトラウトだが、昨シーズンは怪我に泣かされ36試合の出場にとどまった。そんな誰もが認めるスーパースターには、日本の大谷翔平も尊敬の眼差しを送っていると米スポーツ専門局『ESPN』のリポーター、アルデン・ゴンザレス氏が伝える。

「マイク・トラウトは、現時点で野球界最高の選手であることに議論の余地はありません」

 この日“兄貴”の活躍に奮起した大谷は、先発投手を務めながら5打数3安打と本来の打棒を発揮。頼もしき“兄貴”と共に、果たしてサムライ戦士は今季どのようなパフォーマンスを見せるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「もううんざりだ!」大谷翔平への相次ぐ“不可解判定”に米記者も憤慨。「ストライクではない」

【関連記事】「審判に嫌われている」大谷翔平、“止まった”チェックスウィングも三振の判定に現地メディアも憤慨!

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング