専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

心配される大谷翔平の状態に敵地メディアも注目。レッドソックス戦士からは畏敬の念「才能があるのは明らか」「感銘を受けている」

THE DIGEST編集部

2022.05.04

今季も二刀流として奮闘中の大谷。そのパフォーマンスには、同業者からも尊敬の眼差しが送られている。(C)Getty Images

今季も二刀流として奮闘中の大谷。そのパフォーマンスには、同業者からも尊敬の眼差しが送られている。(C)Getty Images

 その出場可否に敵地メディアからも熱視線が注がれている。ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平だ。

【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ戦士”たちの厳選フォトを一挙紹介!

 現地5月1日のシカゴ・ホワイトソックス戦で右足付け根を痛め、翌日の同カードではスタメンを外れて代打出場となった大谷。ケガの状態には各方面から心配の声が挙がっているが、その気持ちは、今後エンジェルスと3連戦を控えるボストン・レッドソックスの地元紙も例外ではないようだ。

『Boston Globe Sports』は2日、「レッドソックスファンはこの連戦で彼のプレーを見るチャンスがあるだろうか?」とツイート。「ショウヘイ・オオタニは火曜日、フェンウェイパークでの登板を見合わせているが、(今後のシリーズで)プレーする可能性はあるだろう」との予測を記している。

 また、そのなかでは、レッドソックス所属選手のコメントも紹介されており、ボビー・ダルベックは、「彼は2つの異なる技術を管理し、その両方を非常に高いレベルでやってのける。才能があるのは間違いない。この2つをフルシーズンでこなすというのは、本当に見事だ」と、称賛の言葉を送ったという。

 さらに、トレバー・ストーリーは、「投打を両立させる精神力があり、どちらにも対応できる身体になっているのが、何よりも素晴らしい」とコメント。「彼がしているのは、明らかに、これまで多くの人がやってきたことのないもの。深い感銘を受けている」と印象を明かしている。

 アメリカン・リーグのMVPに輝いた昨季ほどのロケットスタートは切れなかったものの、今季も二刀流プレーヤーとして奮闘している大谷。今後の活躍からも目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】47打席ぶりの一発!左中間に放った大谷の今季4号をチェック

【関連記事】「審判に嫌われている」大谷翔平、第1打席は“止まった”チェックスウィングも三振の判定に現地メディアも憤慨! 本拠地は大ブーイング!

【関連記事】「もううんざりだ!」大谷翔平への相次ぐ“不可解判定”に米記者も憤慨。「ストライクではない」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング