専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「パーティーの時間だ!」大谷翔平が今季第5号&本拠地初アーチ。“トラウタニ”の競演に現地実況も大興奮!

THE DIGEST編集部

2022.05.10

トラウトとの2打席連発&今季第5号を放った大谷。ホームのファンも大興奮だ。(C)Getty Images

トラウトとの2打席連発&今季第5号を放った大谷。ホームのファンも大興奮だ。(C)Getty Images

 いよいよ世紀の偉才のエンジンがかかってきた。

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地時間5月9日、本拠地で行われているタンパベイ・レイズ戦に「3番・DH」で先発出場すると、6回の第3打席に今季第5号となる本塁打を左中間へ運んだ。

 前日の試合では9回に同点二塁打を放ち、その後は激走してサヨナラのホームインを踏むなど、いい流れで迎えた大谷。第2打席には夕暮れの空に高々と舞った打球を相手守備が見失うラッキーな形でヒットを放ち、“何かある”雰囲気を感じさせていた。

【動画】ついに出た今季5号! 大谷翔平“らしい”左中間に豪快アーチ
 
すると6回、マイク・トラウトが豪快な2ランを左翼ポール付近に叩き込み、リードを5対1と広げて沸き立つ場内。そこに間髪入れずに初球、相手左腕ジェイレン・ビークスの81マイルのカッターを強振すると、打球はぐんぐん伸びてセンター左へズドン。大谷らしい一発は10試合ぶりのホームランとなった。

 トラウトの2ラン、そして大谷のソロ。“トラウタニ”二枚看板の競演に興奮しないはずもない。現地実況は大谷が打球を捉えた瞬間、本塁打を確信すると熱気交じりに「守備が見送ったぞ! トラウトとの2打席連発だ! オオタニが今季ホーム初の一発を放った!」と狂喜乱舞。そしてこう締めくくった。「パーティーの時間だ!」。

 まさにこの言葉通り、エンジェルス・スタジアムは宴が開催されたような大盛り上がり。ここまでやや調子が上がっていなかった“主役”の復調に、チームメイトたちも笑顔で出迎えていた。6回を終えてエンジェルスは6対1とリード。このまま試合を制せるか注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「こんなエキサイティングなことはない」大谷翔平、同点二塁打→激走サヨナラ生還に現地記者らが絶句!「言葉が見つからない」

【関連記事】サヨナラ生還で渾身ガッツポーズ! 大谷翔平の興奮ぶりに米メディアも熱狂「オオタニの違う一面を見られた」

【関連記事】「満場一致で最高の選手」大谷翔平と投げ合った42歳左腕が最敬礼! 「みんな感謝しているはず」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング