専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

大谷翔平、162キロ超えの強烈ヒットで13試合連続出塁! エンジェルスは“強敵”メッツに為す術なく連勝ならず

THE DIGEST編集部

2022.06.11

チームが守勢に回されるなかで、大谷は鋭い当たりのヒットをマークした。(C)Getty Images

チームが守勢に回されるなかで、大谷は鋭い当たりのヒットをマークした。(C)Getty Images

 現地時間6月10日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたニューヨーク・メッツ戦に「2番・DH」でスタメン出場。5回の3打席でライト前ヒットを放ち、4打数1安打を記録したが、チームを連勝には導けなかった。

 前日のボストン・レッドソックス戦では“リアル二刀流”で投打に活躍し、チームの連敗を「14」で食い止めた大谷。ナショナル・リーグ東地区首位をひた走るメッツとの注目の一戦は、相手先発右腕タイラー・メギルに苦戦を強いられる。

 初回の第1打席をあっさりとレフトフライに終わった大谷は、チームが2対3と先行された3回の第2打席もファーストゴロと凡退。いずれも外角への変化球を打たされ、思うようなバッティングを許してもらえない。
 
 投打がかみ合わずに守勢を苦戦なくされたエンジェルス。そのなかで前日に12号アーチを放っていた大谷は、5回の第3打席に見せ場を作る。

 相手2番手で、左腕のデイビッド・ピーターソンと対峙すると、カウント1-2からの6球目に投じられた外角高めへのスライダーをジャストミート。101マイル(約162.5キロ)のドライブがかかった強烈な打球をライト前に弾き、6試合連続安打と13試合連続出塁を記録した。

 その後、メッツが7対3とリードした7回に大谷は第4打席に立つが、ここは相手3番手の右腕ドリュー・スミスがインコースへと投じた96.7マイル(約155.6キロ)の4シームを詰まらされてセカンドゴロに終わった。

 メッツの継投策を前に追い上げが及ばなかったエンジェルスは、結局4対7で敗戦。大型連敗を止めた勢いを持続させたかったが、あっけなく力負けを喫した。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】敵将も「だから彼が世界一だと言い続けているんだ」と大谷翔平を絶賛! 圧巻の二刀流パフォーマンスに「非現実的だよ」

【関連記事】大谷翔平の“打撃不振”は本当に「飛ばないボール」のせいなのか?50試合出場時点の成績を昨年と比較すると…<SLUGGER>

【関連記事】「最悪の走塁」エンジェルス“期待”のアデルが「ひどすぎる」ベースランニングで非難殺到! 大谷翔平を援護できず
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング