専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

物議を醸した波留コーチの“アホウ発言”に持論! 元中日戦士の三ツ間卓也が実体験から擁護「暴力とかは全くない」

THE DIGEST編集部

2022.06.15

苦境に立たされている中日。そうしたなかでの波留コーチの言動は大きな波紋を広げてしまった。写真:滝川敏之

苦境に立たされている中日。そうしたなかでの波留コーチの言動は大きな波紋を広げてしまった。写真:滝川敏之

 ベンチ前で飛んだ鬼気迫る“猛ゲキ”は、SNSで物議を醸した。

 事の発端となっているのは、6月12日に行なわれた日本ハム戦での一幕。4回まで散発の3安打と元気のなかった自軍打線に、中日の波留敏夫打撃コーチが一喝。5回の攻撃前にベンチ前で円陣を組んだ際に「目覚ませもっとお前ら! いつまで甘えてやってんねん、野球! その気でやらんかい、アホウ!」と声を荒げたのだ。

 これがテレビ中継の音声に載り、波留コーチの振る舞いは、主にSNS上で波紋を広げた。様々な意見の大半は6連敗という中日の苦況にあって、高圧的な指導に疑問を呈するものだった。だが一方で、波留コーチの人格を否定するような誹謗中傷的なメッセージも目立った。

 そうした状況で「勘違いしてほしくない」と持論を展開したのは、元中日の三ツ間卓也氏だった。
 
 2016年から昨年まで同球団に所属していた右腕はYouTubeチャンネル「三ツ間卓也チャンネル」で「波留さんは激怒してるわけじゃないです。“ちょっと今日から切り替えて頑張ろうぜ”って表現したところだと思う」と指摘。自身も波留コーチから指導を受けた経験から次のように語った。

「スポットライトを浴びてない2軍ではあれは日常茶飯事です。波留さんもそうだし、仁村(前2軍監督)さんもすごかった。もちろん暴力は全くないですよ。でも気合を入れるためにということは日常茶飯事です」

 プロ1年目に「しっかりいかんか、こらぁ」と言われたという三ツ間氏。だが、波留コーチの人柄を「関西弁で声がでかいし怒ってるように聞こえるが、めちゃくちゃ優しい人」と説く右腕は、「罵倒されてるとかではなく、波留さんはそういう表現をされる方。円陣を組んでる選手は怒られてる、キレてるとか一切感じないと思う」と強調した。

 時にヒートアップをし、強い言葉によって士気を高めようとする。だが、それはあくまで選手を考えての言葉だという。三ツ間氏は「波留さんの世代の方ってそうやって励ましてくれるじゃないですか」と一定の理解を示した。

 現在、セ・リーグの最下位に転落している中日。そうしたチーム状況のなかで、波留コーチの言動は、“過剰”に受け取られたとも言えなくもない。ともかく、今回の猛ゲキが勝利に結びつくのかは興味深いところである。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】優勝のヤクルトと快進撃の阪神は納得の最高評価。まさかの負け越しに終わった巨人は果たして?――セ・リーグ6球団交流戦通信簿

【関連記事】外野の守備固め&敗戦処理は本当に根尾のためになるのか。登板時も最低1打席の保証を

【関連記事】性格は「優等生」でも選手としては「ダイヤの原石」――「勝負の4年目」を迎える根尾昂に贈りたいイチローの金言

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング