専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

秋山翔吾は「メジャーでは通用しなかった」と辛辣評価!NPB復帰を決断の名手に米メディアは「活躍の機会を与える価値はある」

THE DIGEST編集部

2022.06.21

日本球界復帰を決めた秋山。アメリカで過ごした2年数か月を米メディアはどう評価しているか?(C)Getty Images

日本球界復帰を決めた秋山。アメリカで過ごした2年数か月を米メディアはどう評価しているか?(C)Getty Images

 6月20日、サンディエゴ・パドレス傘下3Aエルパソ・チワワズを退団し、日本球界復帰を決断した秋山翔吾が日本に帰国。開幕直前にシンシナティ・レッズからFAとなり、その後エルパソと契約。メジャー昇格を目指すも叶わず、今月16日に再びFAになっていた。

 既に古巣の西武はオファーを明言しており、他にも複数の球団が獲得に乗り出す意向を示している。アメリカの地をやむを得ず離れる決断をした彼に対し、米専門メディア『Call to the Pen』は、「パワーとスピードを兼ね備えたゴールドグラブの中堅手であり、出塁して相手を混乱に陥らせるなど、打線の起爆剤になることが期待されていた」と契約時の球団の想いを綴った。

 だがメジャーでの戦績について「日本での活躍は、レッズでは発揮できなかった」と言及。MLB通算142試合に出場した秋山は、71安打、0本塁打で打率.224、出塁率.320、長打率.274、OPS.594と不本意な成績に終わっており、「守備はわりと頼りになったが、日本での成績はメジャーでは通用しなかった」と嘆いている。
 
 西武で過ごした9シーズンは、打率.301、出塁率.376、長打率.454、116本塁打、112盗塁を残し、6度ゴールデン・グラブを獲得という実績を持つ。同記事は「アキヤマはNPBで成果を積み上げる時間は十分ある。彼はまだ34歳なので、あと数年は大丈夫だろう」と予想したうえで、NPBでの活躍に期待を寄せた。

「以前のようなスター選手には戻れないかもしれないが、活躍の機会を与える価値はある」

 アメリカを去ることを決めた秋山。野球の本場で嚙み締めた悔しさを糧に、日本球界に新たな旋風を巻き起こせるだろうか。今後の動向に注目が集まる。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】菊池雄星の死球に“ブチギレた”ヤンキース主砲。直後に放った豪快弾とバットフリップが話題沸騰「驚愕の復讐を果たした」

【関連記事】大谷翔平の“まさかの勘違い”シーンが話題!審判にフレンドリーに挨拶を交わす姿に現地記者は爆笑「友達じゃないよ」

【関連記事】「全くもって憎ったらしい」土壇場で魅せた大谷翔平の“ノーノー破り”に元ドジャース戦士は皮肉!「彼も投手なのに」

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング