専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

盗塁王へ向けてばく進中!ロッテの韋駄天・高部瑛斗に3年目のブレイクをもたらした「変化」とは<SLUGGER>

村岡範子

2022.06.24

3年目でブレイクを果たした高部。ZOZOマリンでは初の選手メニューが発売されるなどファンからの注目度もうなぎ上りだ。写真:千葉ロッテマリーンズ

3年目でブレイクを果たした高部。ZOZOマリンでは初の選手メニューが発売されるなどファンからの注目度もうなぎ上りだ。写真:千葉ロッテマリーンズ

「いい時はいい、悪い時は悪いで、波が出てきてしまっていると感じるので、何とか修正力を高めて、粘れるようなものを作れていけたらなと」

 現在の打撃の状態について淡々と語ってくれたのは、注目の若手外野手・髙部瑛斗だ。6月21日現在、72安打はリーグ2位、22盗塁は堂々トップ。プロ3年目にして見事なブレイクを果たした。

 一時期と比べて打率は少し下がっているものの、開幕から全試合出場を続けている点も立派だ。体力的にも厳しい夏場を迎えようとしているが、「疲れや動きづらさを感じたりもしますけど、それは身体の向き合い方の問題だと思うのでケアであったり、感覚のずれを理解していけたら十分戦えると思うので」と自信をのぞかせる。

 東海大甲府高から国士舘大へ進み、2019年のドラフト3位で入団。今年春のオープン戦では打率.393で首位打者に輝くと、荻野貴司や角中勝也らの出遅れもあって開幕スタメンを獲得した。「オープン戦で(今まで)やってきたことが結果として表れて、試合に出させてもらえるようになったので、自分でちゃんとつかみ取ったものだと思って、自信を持ってやろうとは思っていました」と当時を振り返る。
 開幕後も安定して安打、盗塁を量産。5月27日に荻野貴司が登録されるまではリードオフマンを務め、その後も全試合出場を続けている。

 昨年までの自分とはどこが変わったのか聞いてみると、「オフシーズンにウエイト・トレーニングをして身体を変えたことがきっかけ」だったとのこと。「筋肉に刺激が入ったことによって動かせる場所が少しずつ増えてきて、感覚が上がってきたな」と感じたそうだ。

 また、高部は「去年までは考えがまとまってなかった」とも語った。「『周りの人がこうやっているから僕も』とか、自分に集中できなかった部分が少なからずあった」ことに気付き、「今年は自分のことに集中しよう」と考えを変えた。それが好成績につながったのだという。「周りの意見を取り入れないということではないけど、頭でっかちにならないように、今はこれ、今はこれってちゃんと絞ることが大事だと思います」。

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング