専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「ボンズの領域に打った」大谷翔平の189キロの圧巻弾に反響拡大! 米メディアは「バットからこんな音が」と驚嘆

THE DIGEST編集部

2022.06.26

打った瞬間に本塁打を確信めいた表情で見送る大谷。この本人の顔つきにもあるように打球は、球場全体をどよめかせるものとなった。(C)Getty Images

打った瞬間に本塁打を確信めいた表情で見送る大谷。この本人の顔つきにもあるように打球は、球場全体をどよめかせるものとなった。(C)Getty Images

 球場全体がどよめく一打だった。

 現地時間6月25日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれているシアトル・マリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場。3回の第2打席に今季第16号となる本塁打を放った。

 この試合も4連勝中と勢いに乗るマリナーズに初回から先手を取られる苦しい展開となったエンジェルス。そのなかで大谷が快音を響かせたのは、0対1とされた3回裏、1死無塁という局面だった。

 マウンド上には相手先発のローガン・ギルバート。この試合までの対戦で6打数ノーヒットと完璧に封じられていたこの難敵を前に、初回の第1打席は見逃し三振に抑えられていた背番号17は、カウント1-3からの一球を仕留める。

 相手バッテリーからすれば、四球による出塁は避けたい場面だった。ゆえにストライクを取りにいった一球ではあった。だが、コースが甘かった。大谷はほとんど真ん中に投じられた96.8マイル(約155.7キロ)の4シームをジャストミート。「パッカーン」という乾いた音とともに、打球速度118マイル(約189.9キロ)で打ち出されたボールは、あっという間に右中間スタンドへと飛び込んだ。
 
 メジャー挑戦後では自己4番目に長い462フィート(約140.8メートル)の一打には、現地ラジオ局『KLAA』でホストを務めるトレント・ラッシュ氏が「なんてことだ! オオタニはバリー・ボンズの領域にボールを打ち込んだぞ」と叫んだように、現地メディアや識者間でも反響が広がっている、

 野球のありとあらゆるデータを取り扱う米専門会社『Codify』は「完璧な爆弾のような一発だ。ショウヘイの夏がやってきた」と興奮気味にツイートすれば、米メディア『Talkin’ Baseball』は「バットからこんな音がなるなんて」と驚きを持って伝えている。

 なお、直後の4回にカート・スズキの一発で逆転したエンジェルスだったが、6回にエラーと四球が絡んで2点の勝ち越しを許すと、結局3対5で逃げ切られて3連敗。大谷の奮闘を活かせずにアメリカン・リーグ西地区でも4位に転落した。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平の移籍先にメッツが急浮上!? 元GMが再び“二刀流戦士”獲得に動き出すと噂「エンジェルスに危機が迫っている」

【関連記事】大谷翔平のMVP獲得に米記者が独自見解。「多くの人が“落ち目だ”と考えるような年」でも“可能性”が消えない理由

【関連記事】「これ以上にない驚きだ!」大谷翔平が自己最多13K!前日2HR8打点の“二刀流”ぶりに現地メディアは驚愕「非常識だ」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング