専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

敵軍メディアも「信じられない」と驚愕! 鈴木誠也の第6号に称賛の声。「足に投げられたボールをどうやって…」

THE DIGEST編集部

2022.07.06

2戦連発の今季6号を叩き込んだ鈴木。あり得ないボール球を叩き込んだ打撃技術に称賛の声が集まっている。(C)Getty Images

2戦連発の今季6号を叩き込んだ鈴木。あり得ないボール球を叩き込んだ打撃技術に称賛の声が集まっている。(C)Getty Images

 一時の離脱を経て、再びその輝きを取り戻している――。

 シカゴ・カブスの鈴木誠也は現地時間7月5日、敵地で行われたミルウォーキー・ブルワーズ戦に「4番・右翼」で先発出場すると、6回に勝ち越し2ランを放つなど5打数2安打3打点の活躍。チームも8対3で勝利し、見事ヒーローになった。

 左手薬指の負傷から約1ヵ月、鈴木は前日の同カードで復帰すると、最強守護神ジョシュ・ヘイダーから同点ランニング本塁打をマークし、鮮烈なリターンを印象付けた。その興奮が冷めやらぬ中で迎えたこの日は1~2打席こそ凡退したものの、5回の第3打席に大仕事をやってのける。

 2対2、1死二塁の場面での初球。“インコース”に投じられた91.8マイル(約147.7キロ)のシンカーを振りぬいた打球はライナーでぐんぐんと伸びていき、あっという間にレフトスタンドへ。2試合連続となる今季6号本塁打を叩き込んで見せたのだ。さらに6回にもレフト前に適時打を放ち、その実力を遺憾なく発揮している。

「信じられない」鈴木誠也の“クソボール”を叩き込んだ今季6号をチェック
 やはり最大のハイライトは6号アーチなのだが、この一発は現地メディアも驚愕といった表情を浮かべざるを得ないものだった。コースで言えば内角ではあるのだが、そのボールはストライクゾーンを大きく外れ、野球メディア『Baseball Quotes』は「足に投げられた」と表現。いわゆる“クソボール”に対してうまく身体を、バットを使っての一撃となった。

 この一撃に何より唖然としたのは、勝ち越し弾を食らった敵軍メディアだった。『MLB.com』のブルワーズ番記者を務めるアダム・マッカルビー氏は、鈴木の第6号に「信じられない」と脱帽。「あんなインサイドのボール球をさばいた上で、フェアにとどめるなんて……」と、侍のバッティング技術にただただ驚嘆していた。

 開幕から素晴らしい活躍を披露していた鈴木だったが、5月以降はその輝きが色褪せ、さらに故障で戦線を離れることに。しかし、1ヵ月の時間をおいて、再びその真価を見せつけている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】鈴木誠也の“レーザービーム”に米地実況も「狙撃したぞ」と熱狂! カブス専門メディアも強肩に「セイヤは何でもできる」と賛辞

【関連記事】メジャーの洗礼!? 鈴木誠也への“不可解ジャッジ”にカブスOBの米解説者が激怒!「セイヤは日本で首位打者になったんだぞ」

【関連記事】検証:大谷翔平が本塁打を打った“通算100試合”でエンジェルスは何勝した? 「なおエ」が席巻した2021年はまさかの…<SLUGGER>
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング