専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
侍ジャパン

「運命の対決だ!」WBCでの日韓戦実現に韓国メディアで期待高まる。「東京五輪の不振を拭いたい」と“リベンジ”の声も

THE DIGEST編集部

2022.07.09

東京五輪では日本に敗れてメダルを逃していた韓国。それだけに日韓戦への闘志は並々ならぬものがある。(C)Getty Images

東京五輪では日本に敗れてメダルを逃していた韓国。それだけに日韓戦への闘志は並々ならぬものがある。(C)Getty Images

 野球の世界一を決めるビッグトーナメントが6年ぶりに開催される。現地時間7月7日、メジャーリーグ機構とメジャーリーグ選手会は、「ワールド・ベースボール・クラシック 2023」の日程、会場、組分けを発表した。

 野球の母国アメリカが初戴冠を果たした2017年大会後、新型コロナウイルスの影響もあって延期となっていた第5回大会は、2023年3月8日から21日の日程で20か国によって争われる。栗山英樹監督のもと、第2回大会以来の優勝を目指す侍ジャパンは、予選は韓国、中国、オーストラリア、予選通過国と同組のBに組分けされた。

 栗山監督が「野球ファンとしてワクワクするし、いち野球人として楽しみでたまらない」と語ったWBCの組分けには、“宿敵”日本と同居した韓国でも小さくない話題となっている。
 
 韓国屈指のネットワークを誇る『YNA』は「日本と14年ぶりの大一番だ」とWBCでは2009年大会以来の顔合わせとなる侍ジャパンとの一戦を強調。そのうえで「昨夏の東京オリンピックでの不振を拭い去り、韓国野球が再び飛躍するチャンスだ」と期待を煽った。さらに日刊紙『東亜日報』も「14年ぶりの運命の対決だ」と日韓戦へ熱い視線を注いでいる。

 もっとも韓国もタレントは揃っている。元中日ドラゴンズのイ・ジョンボムの息子であるイ・ジョンフや、2018年の新人王となった若手スラッガーのカン・ベクホなどメジャーリーグ挑戦が囁かれるほどの実績を持った選手はいる。そこにキム・ハソンやリュ・ヒョンジンといった現役メジャーリーガーたちが加わる可能性があるとあって、悲願のWBC初制覇に対する国内の期待は小さくないわけである。

 はたして、世界一を懸けた舞台で実現する日韓戦はいかなる決着を見るのか。来春の開幕まで両国のメンバー選考など楽しみは尽きない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】検証:大谷翔平が本塁打を打った“通算100試合”でエンジェルスは何勝した? 「なおエ」が席巻した2021年はまさかの…<SLUGGER>

【関連記事】大谷翔平のMVP獲得に米記者が独自見解。「多くの人が“落ち目だ”と考えるような年」でも“可能性”が消えない理由

【関連記事】60本ペースで打ちまくるジャッジのMVP獲得論に待った! 米メディアが「断言するのは早すぎる」と大谷翔平に太鼓判
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング