専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「これは痛そう」大谷翔平、強烈な自打球で悶絶→激走2塁打に現地識者も感嘆!「やっぱりこの男は違う」

THE DIGEST編集部

2022.07.26

強烈な自打球が右ひざを直撃。それでも、大谷は痛みに耐えて二塁へ到達した。(C) Getty Images

強烈な自打球が右ひざを直撃。それでも、大谷は痛みに耐えて二塁へ到達した。(C) Getty Images

 現地時間7月25日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が、敵地で行なわれたカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「1番・DH」で先発出場し、4打数1安打だった。エンジェルスは0対7で敗れたものの、3回に大谷が魅せたプレーが現地でも話題を集めている。

【動画】「これは痛そう」現地女性記者も心配。大谷翔平、自打球直撃の瞬間をチェック

 0-0で迎えた3回の第2打席だった。大谷は、ベテラン右腕ザック・グレインキーが投じた2球目の直球をフルスイングし、ファウルとなった強烈な自打球を右ひざ近くの太ももに当て、苦悶の表情を浮かべる。それでも、カウント2-1からの4球目をライト前に運び、ツーベースヒット。2試合ぶりの安打を記録した。

 痛みを堪えながらのサムライの全力疾走に米記者からも反響が相次いだ。米紙『Los Angeles Times』などに寄稿するサラ・バレンズエラ氏は、「これは…痛そう。オオタニは太ももに自打球を当てた。それでも彼は交代せずに出場を続け、二塁打を放った。彼はまだその右足に不快さがあるように見える」と驚愕するとともに、心配の声も上げている。

 さらに、米放送局『KYTV』や『OzarksOzone』でレポーターを務めるジェイコブ・セルソシモ氏は、「ショウヘイ・オオタニが右膝付近にファウルボールを当てて、少し足を引きずっているようだった。しかし、その直後に、彼は右前への二塁打を記録した。この男はやっぱり違う」と28歳の奮闘ぶりを称えた。
 
 前日の試合でも、自打球を右足に当てながらもフル出場を果たした大谷。「ただ勝ちたい」という気持ちを常に持って、全力でプレーする球界屈指のスーパースターに、誰もが魅了されている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「またしてもショータイム!」大谷翔平が米スポーツ界のアカデミー賞で“2冠”を達成!名誉ある賞の獲得に各界から祝福の声

【関連記事】「自分自身を表現する方法」大谷翔平が語った“二刀流”への想い。殿堂入りのレジェンドが「本当に感心する」と称賛

【関連記事】大谷翔平が“おしゃれ番長”に!「MVPに相応しい着こなし」グリーン色で攻めたコーディネイトが現地メディアで好評
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング