専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「責める気になれない」“大ブーイング”となった大谷翔平への申告敬遠に敵地記者が見解!「歩かせるという決断に注目しすぎだ」

THE DIGEST編集部

2022.07.31

第5打席で申告敬遠を受けた大谷。ブーイングが巻き起こった同シーンについて、敵地記者が見解を示している。(C)Getty Images

第5打席で申告敬遠を受けた大谷。ブーイングが巻き起こった同シーンについて、敵地記者が見解を示している。(C)Getty Images

 今季も相手チームからの“厳しいマーク”は続いている。ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平だ。

【動画】「ショータイムだ!」大谷翔平の豪快な22号アーチをチェック!

 現地時間7月30日、本拠地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦に「1番・DH」でスタメン出場した大谷は、一時逆転の22号3ランを含む4打数1安打3打点、1四球と躍動。再浮上の光が見えないチーム内で確かな存在感を発揮し、9対7の勝利に大きく貢献した。

 しかし、この試合で印象に残ったのが、1点を追う8回2死二塁の第5打席、左腕レオネス・マーティンと対峙した場面だ。偉才の一発を警戒した相手ベンチは、ここで申告敬遠を選択。両リーグ最多10個目の敬遠とあって、本拠地は大きなブーイングに包まれた。
 
 同シーンを受け、MLB公式サイトのケネディ・ランドリー記者は、担当するレンジャーズが置かれていた状況を「2アウトで得点圏にランナーがいる1点差のゲーム」と前置きしたうえで、「(クリス・)ウッドワード監督を責める気にはなれない」と指揮官の決断に理解を示している。

 また、米メディア『The Athletic』のレンジャーズ番、リーヴァイ・ウィーバー記者も、「人々はオオタニを歩かせる決断に注目しすぎだ」と自身のツイッターで指摘。「本当の疑問は、なぜジョナサン・ヘルナンデスでなく、デニス・サンタナでこの回をスタートしたかだ」と呟いていた。

 結局、この回にエンジェルスは一挙5点を奪って逆転。レンジャーズにとってみれば、策は裏目に出たわけだが、周囲はビジターチームの意図に理解を示している。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】大谷よりむしろトラウトをトレードに出すべき? 過去のスーパースター放出例から考える「エンジェルスの今後」<SLUGGER>

【関連記事】オフのFA補強もマッドン監督解任の決断もことごとく失敗。エンジェルスの低迷を招いたミナシアンGMの“失策”<SLUGGER>
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング