専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
侍ジャパン

【出野哲也が推すWBCベストメンバー28人】「国を背負って戦った経験」を重視。投手ではあの若手右腕を大抜擢!<SLUGGER>

出野哲也

2022.11.11

来年3月に開催されるWBC。強化試合で3HRの村上(右)などNPB勢に加え、大谷(中央)、鈴木(左)らMLB勢の参戦も期待される。写真:Getty Images(鈴木、大谷)/滝川敏之(村上)

来年3月に開催されるWBC。強化試合で3HRの村上(右)などNPB勢に加え、大谷(中央)、鈴木(左)らMLB勢の参戦も期待される。写真:Getty Images(鈴木、大谷)/滝川敏之(村上)

 オーストラリアとの強化試合を終えた侍ジャパン。来年3月のWBCへ向け、28人の代表は一体どのような面々になるのか。『プロ野球ドラフト総検証』などの著書で知られる出野哲也氏が「理想のベストメンバー」を選出した。

【動画】村上宗隆が強化試合3戦連発となる豪快な一発! 豪州戦ハイライト
【投手】
ダルビッシュ有(パドレス)
大谷翔平(エンジェルス)
山本由伸(オリックス)
千賀滉大(FA)
佐々木朗希(ロッテ)
青柳晃洋(阪神)
今永昇太(DeNA)
高橋宏斗(中日)
平良海馬(西武)
栗林良吏(広島)
松井裕樹(楽天)
岩崎優(阪神)
清水昇(ヤクルト)

 13人の投手のうち、先発タイプは8人、リリーフタイプが5人。投球制限が設けられるWBCでは、先発は実質的に「2人で1人分」と数えなくてはならないため、これが適正な人数だと考えられる。右の本格派が多いので、左の今永、サイドハンドの青柳を上手に挟むと、目先が変わってなお効果的になりそうだ。

 過去のWBCおよび2021年の東京五輪経験者が9人(17年のWBCを辞退した大谷は除く)で、初選出は佐々木、高橋、清水の3人。戸郷翔征や大勢(ともに巨人)、宮城大弥に山﨑颯一郎(ともにオリックス)ら、強化試合でも好投した“旬”の若手を抜擢してはどうか、との声もあるだろう。アメリカやカリブ諸国と対戦する際には、彼らのように力で勝負できる投手が必要……との見方は一理ある。
 しかし、ペナントレースや強化試合と、国際試合の本番では緊張度は明らかに違う。「国を背負って戦う」経験を持つ者の方が、同程度の実力であれば未経験者よりふさわしいと判断した。リリーフ要員では清水だけがそうした舞台に立っていないけれども、ここ2年間の安定した投球内容と、日本シリーズを経験している点を評価した。

 気になるのは、千賀も含めれば3人になるメジャー勢の動向。ダルビッシュと大谷は、他国のメジャーリーガーに与える威圧感が段違いなので、絶対に欠かせない。準決勝、決勝に進んだ場合に先発を任せるのもこの2人になる。大谷は未定とは言いながらも、本人が前向きであるだけでなく、エンジェルスも反対していないようなので大丈夫だろう。

 だが、新しいチームに加わるはずの千賀は、辞退の可能性が高そうで、その場合の代わりは戸郷。もしダルビッシュまでも出られないとなれば、先発・リリーフのどちらでも起用できる伊藤大海(日本ハム)を東京五輪に続いて招集したい。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング