専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【どこよりも早い2020ドラフト候補ランキング:11~20位】スター性抜群の中京大中京・高橋、怪力スラッガーとして名を馳せる近大・佐藤は一体何位?

2019.12.10

明治神宮大会を制した中京大中京の高橋。課題の制球力が安定したことで、スカウトからの評価も上がっている。写真:徳原隆元(THE DIGEST写真部)

明治神宮大会を制した中京大中京の高橋。課題の制球力が安定したことで、スカウトからの評価も上がっている。写真:徳原隆元(THE DIGEST写真部)

 2020年のドラフト戦線はすでにに動き出している。今年10月のドラフト後に行われた社会人の日本選手権や、明治神宮大会でも多くのスカウトが来年の候補発掘に詰めかけていた。例年、春以降に急浮上して...
 2020年のドラフト戦線はすでにに動き出している。今年10月のドラフト後に行われた社会人の日本選手権や、明治神宮大会でも多くのスカウトが来年の候補発掘に詰めかけていた。例年、春以降に急浮上してくる選手も多いが、ひとまず、現時点での2020年ドラフト候補ランキング、11~20位をお届けしよう。

11位:佐藤宏樹[投手・慶応大]
(さとう・ひろき/左投左打)
将来像:中村恭平(広島)
 150㎞を超えるスピードを誇る東京六大学を代表するサウスポー。1年秋には3勝をマークして防御率1位と華々しいデビューを飾った。その後はヒジの故障に苦しんだが、徐々に復活の兆しは見えている。躍動感あふれるフォームと鋭い腕の振りは誰が見ても逸材と分かるレベルなだけに、最終学年での完全復活に期待したい。
■タイプ診断:#本格派 #未完の大器

12位:森井絃斗[投手・セガサミー]
(もりい・げんと/右投右打/板野高)
将来像:有原航平(日本ハム)
 徳島・板野高校時代から大型の本格派右腕として評判になっていた投手。少し上半身の力が強いフォームだが、たくましい体格から投げ込むストレートは140km台後半をマークし、数字に見合う威力がある。スライダー、フォークなど変化球の制球も悪くない。課題のスタミナ面が改善されれば、上位指名の可能性は高い。
■タイプ診断:#剛腕
 
13位:牧秀悟[二塁手・中央大]
(まき・しゅうご/右投右打/松本第一高)
将来像:中村奨吾(ロッテ)
 来年の大学球界を代表する強打の内野手。安定した下半身を生かしたバランスの良いスイングで広角に打ち分け、長打力も申し分ない。今年は春、秋のリーグ戦で33安打を放ち、うち半数以上の18本が長打だった。セカンドの守備もフットワーク、スローイングともに安定しており、打てるセカンドという希少性も魅力だ。
■タイプ診断:#中距離打者 #三拍子

14位:宇田川優希[投手・仙台大]
(うだがわ・ゆうき/右投右打/八潮南高)
将来像:大塚晶文(元レンジャーズ)
 高校時代は無名の存在だったが、仙台大進学後に急成長を遂げた大型右腕。抜群の角度を誇るストレートは最速150㎞を超え、同じ軌道から鋭く変化するスライダーも一級品。昨年まではリリーフで実績を積み、先発に転向した今年も結果を残した。調子の波が大きいのは課題だが、スケールの大きさは大学球界でも屈指だ。
■タイプ診断:#剛腕 #未完の大器

15位:小林樹斗[投手・智弁和歌山高]
(こばやし・たつと/右投右打)
将来像:平野佳寿(ダイヤモンドバックス)
 関西では中森に次ぐ存在と言える本格派右腕。今年の春、夏の甲子園でも好投し、140km台後半のスピードを披露して大観衆を沸かせた。バランスの良い伸びやかなフォームで縦に腕が振れ、ボールの角度も申し分ない。この秋は少し調子を落としていたが、フォームに悪いクセがないだけにまだまだ成長が期待できるだろう。
■タイプ診断:#フォーム◎ #本格派

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング