専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

氏原英明のドラフト採点:森木獲得の阪神、達を指名した日本ハムが最高評価。一方、目玉の小園を引き当てたDeNAは意外にも?<SLUGGER>

氏原英明

2021.10.12

B評価 楽天
 右の強打者不足が数年来の懸案事項だった楽天。1位でいきなりスラッガーの吉野創士(昌平)を一本釣りすると、2位では強打の捕手・安田悠馬(愛知大)、3位では足もあるスラッガーの前田銀治(三島南)を獲得した。4位で高校生左腕の秦勝利(神村学園)と将来を意識した指名を成功させた。そして、下位では一転して即戦力に舵を切り、5位で長身の松井友飛(金沢学院大)、6位では西垣雅矢(早稲田大)吉川雄大(JFE東日本)とブルペンを強化した。1位から下位までバランス良く補強ポイントを意識したドラフトになった。

B評価 広島
 隅田知一郎(西日本工業大)、山下輝(法政大)と1位入札で2度にわたって抽選を外した。普通、こういうケースはいまいちなドラフトになったりするものだが、その後はきっちり立て直した。外れ外れ1位で大学球界屈指の左腕・黒原拓未(関西学院大)、2位も実力派の森翔平(三菱重工WEST)を指名してと課題の左投手を底上げ。3位からはもう一つの補強ポイントだったスラッガーに狙いを定め、三拍子揃った中村健人(トヨタ自動車)、4位では二刀流もある田村俊介(愛工大名電高)をきっちり指名した。守備力を重視する広島だが、そこに囚われすぎずに田村を獲得できたことは大きい。
 
B評価 西武
 長くサウスポー不足に悩まされてきたが、1位入札で隅田知一郎(西日本工業大)を引き当てると、そのまま勢いに乗った。2位では1位級の評価を得ていた佐藤隼輔(筑波大)も獲得し、4位では「和製ランディ・ジョンソン」の呼び声もある将来性豊かな羽田慎之介(八王子高)の交渉権を獲得。一方、3位では大学ナンバーワン捕手の古賀悠斗(中央大)を指名した。森友哉のFAが迫っていることを加味してのことのだろう。内野手のスラッガーは高校生こそ獲得できなかったが、中山誠吾(白鴎大)できっちり穴埋め。右投手は長身の黒田将矢(八戸工大一高)を5位指名している。弱点をきっちり埋めて、再建へ向けた良いスタートが切れそうだ。

B評価 ロッテ
 クレバーな指名だった。今年のドラフトがそれほど逸材があふれていないこと、指名順番が遅いことを考慮に入れたに違いない。1位ではどうしても欲しかった捕手に高校生ナンバーワンの松川虎生(市立和歌山高)を持ってきたことには驚かされた。2位指名は貴重な右の内野手・池田来翔(国士舘大)を獲得。大学生の実力派でこちらは1年目からの活躍が期待される。3位で社会人ナンバーワン投手の廣畑敦也(三菱史自動車倉敷オーシャンズ)を拾い上げ、伸びしろの高い左腕・秋山正雲(二松学舎大付高)、ブルペンに厚みを加える八木彬(三菱重工West)と確実に補強ポイントを埋めた。5位で指名を終えたところも的確な判断だった。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング