専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【どこよりも早い2022ドラフト候補ランキング:1~10位】二刀流の大器・矢沢を含めトップ3は大学生<SLUGGER>

西尾典文

2022.01.01

▼4位:菊地吏玖[投手・専修大]
(きくち・りく/右投右打/札幌大谷高)
将来像:涌井秀章(楽天)


 東都二部所属ながら、大学生の右腕では総合的に見てナンバーワンと言える存在。軸足に体重を乗せてからゆったりとしたモーションで上からスムーズに腕を振ることができており、最速151キロのストレートは数字以上の勢いが感じられる。

 コントロールも高レベルで、多彩な変化球を操る。昨年春のリーグ戦では惜しくも優勝を逃したものの、最終節では赤星優志(日本大→巨人3位)と息詰まる投手戦を演じた。秋は脇腹を痛めた影響でリリーフでの登板となったが、春は再びエースとしての活躍を期待したい。

タイプ診断:安定感◎、東都二部

▼5位:田中晴也[投手兼一塁手・日本文理高]
(たなか・はるや/右投左打)
将来像:投手として山口俊(巨人)、野手としてイ・スンヨプ(元巨人)


 投打ともにスケールの大きさが魅力の大型右腕。昨年夏はエースとして甲子園に出場し、最速147キロをマークしてスカウト陣の注目を集めた。秋は北信越大会の準々決勝で敗れたものの、夏と比べても明らかに楽に投げてスピードが出るようになっており、制球力もアップしている。

 また野手としてもフォローの大きいスイングで、広角に長打を放つバッティングは大きな長所だ。投手としても野手としても高い将来性を誇り、球団によっては評価が分かれることも十分に考えられるだろう。

タイプ診断:スケール大、二刀流
 
▼6位:河野佳[投手・大阪ガス]
(かわの・けい/右投右打/広陵高)
将来像:美馬学(ロッテ)


 高卒2年目にして社会人トップに上り詰めた実戦派右腕。広陵高では、エースとして出場した3年春のセンバツで最速150キロをマークして注目を集めた。昨年の日本選手権でも151キロを計時しているが、持ち味はスピードよりもコントロールと投球術。

 下半身主導のフォームで楽に腕を振って速いストレートと緩い変化球を操り、簡単にアウトを積み重ねる投球は安定感抜群だ。昨年は日本選手権、都市対抗でいずれも圧巻のピッチングを見せ、社会人野球の年間ベストナインにも選ばれた。

タイプ診断:安定感、即戦力

▼7位:浅野翔吾[外野手・高松商]
(あさの・しょうご/右投両打)
将来像:陽岱鋼(元巨人)


 下級生の頃から注目を集めている強打の外野手。1年夏からレギュラーとなると、秋の四国大会でも森木大智(高知高→阪神1位)から3安打を放っている。昨年夏の甲子園でも優勝した智弁和歌山のエース中西聖輝からレフトスタンドへ叩き込むなど、2試合で7打数4安打の活躍を見せた。

 170センチと上背はないものの、全身を使った伸びやかなスイングで長打力は申し分ない。運動能力も高く、ライトから見せる返球と迫力あるベースランニングでも目立つ存在だ。新チームでは左打席にも挑戦しており、既にホームランを放つなど能力の高さを見せている。

タイプ診断:甲子園の星、万能タイプ
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング