専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

逸材を“最も多く”指名した球団はどこ? 「独自ランキング」で振り返る2021年のドラフト

西尾典文

2021.10.14

ドラフト屈指の資質を持った広畑を3位で獲得できたのは、ロッテにとってあまりに大きかった。写真:西尾典文

ドラフト屈指の資質を持った広畑を3位で獲得できたのは、ロッテにとってあまりに大きかった。写真:西尾典文

■オリックス:C+
 1位では椋木蓮(東北福祉大)の一本釣りに成功した。ヒジを柔らかく使えるフォームからコンスタントに150キロ以上のスピードをマークし、さらに高い制球力も備えている逸材。リリーフであれば1年目から一軍の戦力となりそうで、近い将来のクローザー候補となりそうだ。

 2位から5位までは野手を揃えたが、野口智哉(関西大)と池田陵真(大阪桐蔭高)はフルスウィングに特徴がある強打者で、特に野口は遊撃守備でもこの秋に大きく成長。あらゆるポジションを守った経験があるのも大きい。また、3位の福永奨(国学院大)は抜群のスローイングが魅力で、4位の渡部遼人(慶応大)の守備範囲の広さとスピードも天下一品だ。ともに打撃が課題となるが、最終学年に成績を上げているのは大きなプラス材料である。

【ドラフト候補ランキング入りしていた選手】
1位:椋木蓮(8位)
2位:野口智哉(25位)
5位:池田陵真(38位)

 
■ロッテ:C
 1位では高校球界を代表する強打の捕手・松川虎生(市立和歌山高)を指名。柔らかさのあるスイングで広角に長打を放ち、地肩の強さとフットワークも魅力だ。キャッチングやスローイングなど、プロとして守備面は成長すべき部分が多そうだが、将来の正捕手候補として期待したい。そして、大きなプラスが3位で指名した広畑敦也(三菱自動車倉敷オーシャンズ)だ。

 ランキングでも2位と位置付けたように、広畑は1位指名の可能性も高かった右腕で、この順位で指名できたのは非常に大きい。先発、リリーフどちらでも力を発揮でき、新人王の有力候補になるだろう。2位指名した池田来翔(国士館大)は少し順位が高い印象を受けたが、逆に育成1位で田中楓基(旭川実高)が残っていたのも幸運だった。素材の良さは抜群だけに、将来のローテーション入りも期待したい。

【ドラフト候補ランキング入りしていた選手】
1位:松川虎生(30位)
3位:広畑敦也(2位)
育成1位:田中楓基(41位)


■広島:C-
 くじ引きで2度も外したものの、1位で黒原拓未(関西学院大)、2位で森翔平(三菱重工West)と、大学・社会人でも上位のサウスポー2人の指名に成功した。前者は上背こそないものの150キロに迫るストレートの勢いは申し分なく、後者もバランスの良いフォームでコンスタントに140キロ台後半をマークし、本格派左腕ながら制球も安定している。ともに今年に入ってから成績を上げているというのも大きなプラス要因だ。

 野手は強打者タイプを3人揃えたが、将来が楽しみなのが4位の田村俊介(愛工大名電高)だ。夏の甲子園でも逆風をものともしないホームランを放ち、その長打力を存分に見せつけた。坂倉奨吾、小園海斗、林晃汰など高校卒の若手野手が伸びているだけに、彼らに続く存在として期待したい。

【ドラフト候補ランキング入りしていた選手】
1位:黒原拓未(26位)
2位:森翔平(13位)
4位:田村俊介(42位)


【表】ドラフト候補ランキング最終版1~50位一覧
NEXT
PAGE
投手を“あえて”スルーした独自路線の2球団が…

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング