専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

“コビーの最大の理解者”デレック・フィッシャー。バスケットボールと真剣に向き合い続けた“努力の男”の物語【NBA名脇役列伝・前編】

出野哲也

2020.02.26

真摯にバスケットボールに取り組んでいたフィッシャー(右)は、コビー(左)の良き理解者だった。(C)Getty Images

真摯にバスケットボールに取り組んでいたフィッシャー(右)は、コビー(左)の良き理解者だった。(C)Getty Images

■同期入団のコビーとともに研鑽を積み、先発PGの座を掴む  アーカンソー州リトルロックで生まれたデレック・フィッシャーは、本人が「仕事に取り組む姿勢は両親から学んだ。特に、身をもってそれを示してく...
■同期入団のコビーとともに研鑽を積み、先発PGの座を掴む

 アーカンソー州リトルロックで生まれたデレック・フィッシャーは、本人が「仕事に取り組む姿勢は両親から学んだ。特に、身をもってそれを示してくれた父親には、いくら感謝してもしきれない」と話しているように、元軍人で郵便局員の父と銀行員の母の下、勤勉で堅実な家庭に育った。

 そんな彼にとって、バスケットボールは身近な存在だった。義理の兄、デュアン・ワシントンがNBA選手だったからだ。そのワシントンは1987年にニュージャージー(現ブルックリン)・ネッツでキャリアをスタートさせたものの、ドラッグに溺れプロでは短命に終わってしまう。フィッシャーはそんな義兄を反面教師にしてバスケットボールに打ち込んだおかげで、「これ以上ないくらい真っ直ぐな男」と高校のコーチに評されるほどの好青年に育っていった。

 当時のチームメイトでフィッシャーと仲の良かったコーリス・ウィリアムソン(元サクラメント・キングスほか)は、「あれほど真剣にプレーに取り組むヤツは見たことがない。バスケットボール以外のことにも興味が湧く年頃なのに、デレックは暇さえあればトレーニングに励んでいたよ」と振り返る。
 
 こうした努力が実り、高校では不動の司令塔としてチームを州大会優勝に導き、自らはオール・アメリカンに選出される。しかし、大学進学の時期を迎えても有力校からの誘いはなく、地元のアーカンソー大リトルロック校へ。ここでは4年間で平均12.2点、4.4リバウンドの記録を残し、さらに得点、アシスト、スティールの3部門でチーム史上2位の数字をマーク。最終学年には所属カンファレンスの最優秀選手賞に輝いた。

 迎えた96年のドラフトでは、1巡目24位でロサンゼルス・レイカーズに指名される。同期入団には13位でシャーロット・ホーネッツから指名を受け、ブラデ・ディバッツとのトレードで加入した18歳のコビー・ブライアントがいた。ともに練習熱心な2人は、チームの全体練習が終わってからもジムに残り、競い合うようにして腕を磨いたという。「彼とはよく1オン1をしたものさ。どちらも人一倍闘争心が強いから、喧嘩の一歩手前まで行くこともあったけど、それでもお互いに敬意を抱いていたよ」(コビー)。
 
NEXT
PAGE
シュート精度の低さを克服し、周囲の信頼を勝ち取る

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング