専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

ブルズを追われるも、新天地ニックスで絶大な支持を獲得。昔気質のブルーワーカー、チャールズ・オークリー【NBA名脇役列伝・後編】

出野哲也

2020.04.14

突然のトレードでブルズを去ったオークリーだったが、新天地のニックスではファナル進出に貢献するなど、中心選手として活躍した。(C)Getty Images

突然のトレードでブルズを去ったオークリーだったが、新天地のニックスではファナル進出に貢献するなど、中心選手として活躍した。(C)Getty Images

 1980年代のNBAでは、今よりもはるかに激しい肉弾戦が展開されていた。そんななかでも強さが際立っていたのが、チャールズ・オークリーだ。シカゴ・ブルズのマイケル・ジョーダンやニューヨーク・ニックスのパトリック・ユーイングなど、スター選手の文字通り“用心棒”として活躍したビッグマンは、現在ではすっかり減少した、「オールドタイプのPF」の典型であった。

   ◆   ◆   ◆

 オークリーはジョーダンにとってチームで一番の親友でもあった。ジョーダンの自宅で一緒に卓球を楽しむこともしばしばで、オークリーは器用なラケット捌きで勝利を収め、負けず嫌いのスターを何度も悔しがらせたという。

 しかし、88年のオフに突如としてニックスへの移籍が決まる。

 ブルズはオークリーとポジションが被る2年目のホーレス・グラントに先発を任せられる目途が立ち、その一方で期待外れだったブラッド・セラーズに代わるセンターを探していた。一方のニックスは、先発センターを務められる実力を持つビル・カートライトを交換要員に、ユーイングの脇を固められるPFを求めていた。こうして両者のニーズが一致してトレードは成立するのだが、ジェリー・クラウスGMはオークリーを手放すのが惜しく、自らトレードを決めておきながら涙を流したという。
 
 ジョーダンも涙こそ流さなかったものの、怒り心頭に発する。「グラントやカートライトではオークの代わりは務まらない」と公言し、その後もこの2人に対してはきつく当たった。コート上では絶大な信頼を置く相棒、オフコートでも親しい友人を失ったのだから、気持ちはわからないでもなかった。そしてこれは当然、オークリーにとっても寝耳に水の知らせだった。

「その時、俺はマイケルと一緒に、ボクシングのスピンクス対タイソン戦の会場にいたんだ。ゴングが鳴る前に観客の1人から『オーク、君はトレードされたぞ』と聞かされたのさ」。

 それでも彼は首脳陣に文句を言うでもなく、プロフェッショナルらしい態度でニューヨークへ旅立ったのである。
 
NEXT
PAGE
NYで絶大な支持を得るが、性格は気難しい一言居士

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング