専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

家族思いのピュアシューター、ジェフ・ホーナセックがフリースロー前の儀式に込めた秘密のメッセージ【NBA名脇役列伝・前編】

出野哲也

2020.06.04

フリースローの前に頬を触るホーナセック特有の儀式は、子どもたちへのメッセージだった。(C)Getty Images

フリースローの前に頬を触るホーナセック特有の儀式は、子どもたちへのメッセージだった。(C)Getty Images

 現役時代はリーグ屈指のピュアシューターとして鳴らしたジェフ・ホーナセックだが、ひとたびコートを離れれば、3人の子どもをこよなく愛する良き父親でもあった。それはフリースロー前のある儀式からも見てとれる。そこには息子たちに向けた秘密のメッセージが込められていた。

■自宅の裏庭で生み出された独自のハイアーチショット

 個性派揃いのNBAだけに、最も動きの少ないプレーであるフリースローにも、選手によって様々な特徴や癖がある。ジェイソン・キッドはかつてリムに向かって投げキスを送るのが恒例だったし、スティーブ・ナッシュはベロベロと手を舐め、ギルバート・アリナスはボールを腰の周りでぐるぐると回してからシュートを放った。

 今回の主人公ジェフ・ホーナセックの場合は、必ず右の頬を3回触ってからシュートを打つという独特の儀式で知られていた。これは3人の子どもへの、父からのメッセージだった。「テレビに映った時に手を振ってほしいと息子たちにせがまれていたけど、プレー中はできないからね。その代わりに、フリースローの時に秘密のシグナルを送っていたんだ」。

 子どもたちの写真で彩られたピローケースを長年使い続けるなど、よき家庭人だったホーナセックならではのエピソードと言える。
 
 ホーナセックがバスケット選手への道を歩んだのは、父親の影響が大きかった。父ジョンは地元シカゴの高校で35年にわたりバスケットのコーチを務め、教え子の中には後のNBAプレーヤーであるアイザイア・トーマスもいた。当然、息子たちも幼い頃からバスケットに親しみ、自宅の裏庭にはリングも設えられていたのだが、問題がひとつあった。庭に通っている電線が邪魔で、真正面からシュートが打てなかったのだ。

「シュートを決めるには、電線を越えて大きな弧を描くように打たなきゃならなかった。だから自然とシュートの軌道が高くなったんだ」。こうしてホーナセックの特徴的なハイアーチショットは生み出されたのである。

 高校卒業時にはシカゴで名の知れた存在だったホーナセックだったが、有力大学から声はかからず、一旦は紙コップの製造工場に就職する。その後、父の友人であるジョニー・オーの伝手を頼ってアイオワ州大へ進むが、それも奨学金のない“ウォークオン”としての入学だった。オーでさえ「彼が将来NBAで活躍するとは到底思えなかった」と振り返っている。
 
NEXT
PAGE
ドラフト2巡目で入団したサンズで頭角を現わす

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング