専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

“信念の男”ビル・ラッセルが歩んだ差別との闘争の歴史【NBA秘話・前編】

大井成義

2020.06.05

イベントのプレゼンター役を務める際の好々爺然とした姿の印象が強いが、ラッセルは年老いた今も、差別に徹底抗戦する闘士である。(C)Getty Images

イベントのプレゼンター役を務める際の好々爺然とした姿の印象が強いが、ラッセルは年老いた今も、差別に徹底抗戦する闘士である。(C)Getty Images

 前人未踏のリーグ8連覇をはじめ、NBAの記録を調べていくと、ビル・ラッセルという名に必ず出くわす。レコードブックだけを見れば、彼の人生は華やかで栄光に包まれているかのようだ。だが、実際は違う。彼がNBA入りした1950年代は、黒人に対する偏見が当然だった時代。そういった差別と、ラッセルは徹底的に戦った。彼はアリーナの中だけでなく、その外でも“社会の不公平”に対して声をあげ、勇敢に戦ってきたのである。

■なぜ、ラッセルは44年間も殿堂入りを拒み続けたのか

 2019年のNBAに関する様々な出来事の中で、個人的に一番びっくりしたのがビル・ラッセルの殿堂入りにまつわる話だ。11月16日、自身のツイッターに4枚の写真をアップし、〝HOF(ホール・オブ・フェイム)のリングを受け入れた〞と表明。

 ラッセルといえば、現在存命中の元NBA選手の中で最も実績があり、最大級のリスペクトを受けている人物。それほどの超大物が、今までホール・オブ・フェイマーではなかったとは露ほども知らず、疑問に思い『The Naismith Memorial Basketball Hall of Fame』の公式サイトを見てみると、殿堂入りした年は1975年になっている。

 調べてみたところ、ネイスミス・バスケットボール殿堂は1975年にラッセルへ殿堂入りを通知した際に固辞されたが、形としては正式に殿堂へ祭った。ところが、本人側は44年間了承しておらず、記念のリングを受け取らないことでボイコットの姿勢を崩していなかった、というのが事の顛末のようだ。
 
 ではなぜここにきて、85歳のラッセルが突然リングを受け取り、気持ちの上で殿堂入りを受け入れたのか。その答えは、先のツイッターの最後に書いてある。〝1975年、私は黒人選手初の殿堂入りを拒んだ。その名誉を受けるべき人物が、私の前にいると感じたからだ。進展が見られて嬉しいよ:チャック・クーパーHOF19〞

 チャック・クーパー――。よほどのNBA通でもなければ馴染みのない名前だろう。1950年のドラフト2巡目全体14位でセルティックスに指名された、史上初の黒人ドラフト指名選手だ。

 この1950年は、NBAにとってエポックメイキングな年だった。NBA初となる黒人選手が同時に3人誕生したのである。史上初めてドラフト指名されたのがクーパー、最初に契約を結んだのがナット・クリフトン、初めて公式戦に出場したのがアール・ロイド。わずか1日の差だったが、先にコートに立ったロイドが、一般的には“NBA初の黒人選手”とされている。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング