専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

“史上最高“の豊作年にドラフト4位でNBA入り。サム・パーキンスの平凡な人生を変えた“恩師”との出会い【NBA名脇役列伝・前編】

出野哲也

2020.07.16

1984年のドラフトで4位指名を受けたパーキンスは、以降17年に渡ってNBAでプレーした。(C)Getty Images

1984年のドラフトで4位指名を受けたパーキンスは、以降17年に渡ってNBAでプレーした。(C)Getty Images

 マイケル・ジョーダン、アキーム・オラジュワン、チャールズ・バークレー……。大豊作だった1984年のドラフトで、4位指名を受けたのがサム・パーキンスだ。華やかな同期生たちと比べれば、NBAに残したインパクトは小さいが、しかし、エゴとは無縁のそのプレースタイルを評価する向きは少なくない。錚々たるスターたちと同じ時代を生きた、ロールプレーヤーの半生を追う。

    ◆    ◆    ◆

 1984年のドラフトは史上最高の豊作と言われている。ジョーダン、オラジュワン、バークレー、ジョン・ストックトンと後世に語り継がれる4人のスーパースターが指名され、また全体2位指名権を持っていたポートランド・トレイルブレイザーズが、ジョーダンではなくサム・ブーイを選び、大失敗したことでも知られる年だ。

 この年の指名選手の中で、キャリア最多出場は1504試合のストックトン、次が1424試合のケビン・ウィリス。そして1286試合で3番目にランクされているのが、4位指名のサム・パーキンスだ。ジョーダンらに比べれば選手としての格は落ちるとはいえ、17年間にわたって第一線でプレーを続け、異なる3つの球団でファイナルに出場したパーキンスもまた、NBA史に刻まれる名選手の一人である。
 
■平凡な人生を変えた出会い高校で眠れる才能が開花

 ブルックリンのゲットーで生まれたパーキンスは、父親が1歳の時に亡くなったため、3人の姉妹とともに母親と祖母のマーサに育てられた。「エホバの証人」の熱心な信者だったマーサのもと、幼い頃から宗教的な訓話を聞かされた彼は、成長すると布教活動の手伝いもするようになる。

 中学生になる頃には身長が190cmを超え、友人から“カリーム(アブドゥル・ジャバー)”のあだ名で呼ばれていたパーキンスだが、必要な成績を収められなかったこともあり、バスケットボールのチームには入っていなかった。優等生でも不良でもなく、学校にも行ったり行かなかったり……。本人曰く「その頃やった一番悪いことは、バスに無賃乗車したこと。一番良いことは、ちゃんと料金を支払ってバスに乗ったこと」だった。
 

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング