専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

【8月20日のNBAハイライトトップ10!】アデトクンボ、レブロン、バトラーらがスーパープレーを連発!

ダンクシュート編集部

2020.08.21

スター選手たちがスーパープレーを連発したなか、この日のNo.1ハイライトに選ばれたのはアデトクンボのスラムダンクだった。(C)Getty Images

スター選手たちがスーパープレーを連発したなか、この日のNo.1ハイライトに選ばれたのはアデトクンボのスラムダンクだった。(C)Getty Images

 各地でプレーオフ1回戦の激闘が繰り広げられているNBA。8月20日(日本時間21日、日付は以下同)はイースタン・カンファレンスのミルウォーキー・バックス対オーランド・マジック戦、同マイアミ・ヒート対インディアナ・ペイサーズ戦、ウエスタン・カンファレンスのロサンゼルス・レイカーズ対ポートランド・トレイルブレザーズ戦、同ヒューストン・ロケッツ対オクラホマシティ・サンダー戦の4試合が行なわれた。

 もちろんこの日も、リーグが誇るスーパースターたちが超絶プレーを連発。そのなかから、NBAが選定した“トップ10プレー”を紹介しよう。

 ヒート対ペイサーズ戦からは3つのプレーが選出。なかでもジミー・バトラー(ヒート)は第2クォーター終盤に決めたショットクロックギリギリの3ポイント、そして2人のマークマンに囲まれながら決めたバスケットカウントがそれぞれ9位、7位と、ふたつのタフショットがランクインした。
 
 同じくロケッツ対サンダー戦からも3つ。そのすべてがロケッツの選手のプレーだが、そのうち主砲ジェームズ・ハーデンのハイライトはひとつ(ジェフ・グリーンへのバックビハインドパス)で、順位も最も低い8位。ダヌエル・ハウスJr.が鋭いペネトレイトから叩き込んだダンクが6位、そしてオースティン・リバースがクリス・ポール(サンダー)を抜き去り豪快に決めたワンハンドダンクが2位に選ばれており、この日不調だったハーデンからスポットライトを譲り受ける格好となった。

 レイカーズ対ブレイザーズ戦からは、レイカーズの二枚看板によるアリウープが4位にランクイン。トップ・オブ・ザ・キー付近にいたアンソニー・デイビスから完璧なパスを受け、レブロン・ジェームズが迫力満点の一発。試合もレイカーズが23点差で圧勝し、前戦の借りを返している。

 そしてこの日一番のハイライトとなったのは、やはりというべきか、今や日常的に超絶プレーを連発するヤニス・アデトクンボ(バックス)だ。3位に選ばれたブルック・ロペスのワンハンドダンクをアシスト役として演出すると、スピンターンからディフェンダー越しに叩き込んだスラムダンクが1位に選出。もちろんこのワンプレーだけでなく、ゲームを通じて28得点、20リバウンドのモンスタースタッツでマジックを一蹴し、記憶と記録の両面でこの日の主役に躍り出た。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】並外れた身体能力とド迫力のダンクでスター街道を驀進!“グリーク・フリーク”ヤニス・アデトクンボの厳選ショット集!
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング