専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「彼はコビーに襲い掛かった」名脇役ロバート・オリーが感銘を受けたスパーズのルーキーとは?

ダンクシュート編集部

2020.08.28

通算優勝7回を誇るオリーが、現役時代に感銘を受けた選手とは?(C)Getty Images

通算優勝7回を誇るオリーが、現役時代に感銘を受けた選手とは?(C)Getty Images

 ロバート・オリーは現役時代にヒューストン・ロケッツ、フェニックス・サンズ、ロサンゼルス・レイカーズ、サンアントニオ・スパーズでプレーし、歴代7位タイの優勝7回を誇るNBA史に残る名脇役だ。数々のスーパースターたちと共闘してきたクラッチシューターにとって、印象に残る選手の1人が、2017-18シーズン限りで引退したマヌ・ジノビリだという。

 オリーはロケッツでアキーム・オラジュワンやクライド・ドレクスラー、レイカーズではシャキール・オニールやコビー・ブライアント、スパーズではティム・ダンカンといった殿堂入り選手たちと優勝の喜びを分かち合ってきた。

 そのなかでも、若き日のジノビリには特に感銘を受けたと語る。クエンティン・リチャードソンとダリアス・マイルズ(ともに元ロサンゼルス・クリッパーズほか)がホストを務めるポッドキャスト『Knuckleheads』に出演した際、ジノビリが新人だった2002-03シーズンのインパクトを振り返っている。
 
「彼はコビーに襲い掛かった。あのコビーをまったく恐れていなかった。左利きで、スペースを見つけ、フローターショットを放ち、相手の上からダンクを試みた。もうビースト(野獣)だったよ」

 当時レイカーズの一員だったオリーは、2002-03シーズンにプレーオフを含めてスパーズと計10試合で対戦して2勝8敗と大きく負け越し。シックスマンだったジノビリは成績(レギュラーシーズン:平均7.6点、2.3リバウンド、2.0アシスト/カンファレンス準決勝:平均11.7点、3.3リバウンド、2.5アシスト)こそ平凡だったが、前のシーズンに3連覇を成し遂げ、スーパースターの座を確立していたコビーに真っ向から立ち向かっていく姿勢に、オリーは脅威を感じたという。

 その後、オリーは2003年7月にフリーエージェントでスパーズに移籍し、今度はジノビリとチームメイトになった。2007-08シーズンに引退するまで5年間をともに過ごすなかで、改めてアルゼンチン人レフティーの凄さに気づいたと語る。
 
NEXT
PAGE
「彼は自信に満ちあふれ、相手に対して恐れをなさない」

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング