専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

【NBAデュオ列伝】ロビンソンとダンカンが迎えた最高のエンディング。退屈なスーパースターが示した“優等生の矜持”|後編

出野哲也

2020.09.07

2003年に2度目のNBA制覇を果たしたスパーズ。ロビンソン&ダンカンのデュオは最高のエンディングで幕を閉じた。(C)Getty Images

2003年に2度目のNBA制覇を果たしたスパーズ。ロビンソン&ダンカンのデュオは最高のエンディングで幕を閉じた。(C)Getty Images

■提督引退に華を添える、2度目のリーグ制覇

 1998-99シーズン、デイビッド・ロビンソンとティム・ダンカンの強力ツインタワーを中心に球団初優勝を成し遂げたサンアントニオ・スパーズ。しかし、せっかくの祝賀ムードに水をさす人物がいた。1999-2000シーズンにロサンゼルス・レイカーズのヘッドコーチに就任したフィル・ジャクソンである。彼はしたり顔でこう述べた。

「50試合だけの短縮シーズンでは、本当の勝者とはいえない」

 何試合だろうと、チャンピオンはチャンピオン。それを実証しようとしたスパーズだったが、迎えた新シーズンはダンカンがヒザを痛めてプレーオフに出られず、フェニックス・サンズ相手にまさかの1回戦敗退を喫する。しかも優勝したのはジャクソン率いるレイカーズだっただけに、悔しさもひとしおだった。

 さらにオフには、ダンカンの再契約という難題が待ち構えていた。FAとなったダンカンに、魅力的なオファーを出したのはオーランド・マジック。ダンカンと同じエージェントと契約しているグラント・ヒルも「一緒にマジックでプレーしよう」と熱心に勧誘し、ダンカンの心は一時マジック入りに大きく傾いた。
 
 その状況を知って、ロビンソンはじっとしてはいられなかった。

「私はまだ2~3年はやれる自信がある。もう一度2人で、優勝を目指さないか?」

 ハワイの別荘から飛んできて、自ら説得にあたったロビンソンの気持ちに動かされ、ダンカンは残留を決意した。

 ダンカンの成長は止まらなかった。2001-02シーズンには平均25.5点、12.7リバウンドをあげMVPを受賞。しかし、プレーオフでは何度もレイカーズの前に跳ね返された。

 とりわけ、ロビンソンの衰えは顕著だった。ダンカンにゴー・トゥ・ガイの座を明け渡してからというもの、成績は急降下。2002-03シーズンを前に、ロビンソンはその年限りで引退することを発表した。

「デイビッドの素晴らしいキャリアを、最高の形で締めくくらせなければ」

 ロビンソンの決断を知ったダンカンは、静かなる闘志を燃やした。
 
NEXT
PAGE
ロビンソン&ダンカンのデュオは最高のエンディングへ

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング