専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

レジェンドのガーネットが初の自叙伝『KG A to Z』を発売へ!「俺のすべてが詰まった、無修正の百科事典」

秋山裕之

2020.10.21

ガーネットは自身のSNSで来年2月に初の自叙伝『KG A to Z』を発売することを明らかにした。(C)Getty Images

ガーネットは自身のSNSで来年2月に初の自叙伝『KG A to Z』を発売することを明らかにした。(C)Getty Images

 10月21日、レジェンドのケビン・ガーネットが自身のSNSを更新し、自叙伝の制作に取り組んでいることを明らかにした。

「このプロジェクトを皆に知らせることができて興奮している。ここしばらくの間、俺は初めての本『KG A to Z』の制作に取り組んでいるんだ。2021年の2月16日に本屋で手に取ることができるよ。この本は俺の人生、バスケットボールキャリアにおけるすべてが詰まった、無修正の百科事典なんだ。俺のストーリーが描かれたこの本を皆が気に入ってくれるといいな」

“KG”ことガーネットは、自信に満ちあふれた表情で構成された表紙とともにSNSでそう綴り、自身のこれまでの人生とバスケットボールキャリアの暴露本とも言える本の制作をアピール。

 ガーネットは今季限りで現役を引退したヴィンス・カーター(22シーズン)に次ぐ歴代2位タイの21年間NBAでプレーし、キャリア平均17.8点、10.0リバウンド、3.7アシスト、1.3スティール、1.4ブロックを残した万能戦士。

 211㎝・108㎏のサイズながらガードのような抜群のクイックネスを誇り、恵まれた高さと手の長さに驚異的な身体能力を兼備した男は、ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)の前身と言ってもいい存在だった。

 1995年のドラフト1巡目5位でミネソタ・ティンバーウルブズから指名されたガーネットは、高卒選手ながらルーキーシーズンから存在感を見せ、2年目にはオールスターに選出。1999-2000シーズンから6年連続で平均20点、10リバウンド、5アシスト以上を叩き出し、リバウンド王には4回輝いている。
 
 その後ボストン・セルティックス、ブルックリン・ネッツ、ウルブズと渡り歩き、16年9月に現役を引退。21年間に及ぶ長いキャリアの中で、ガーネットは優勝1回、シーズンMVP、最優秀守備選手賞を勝ち取り、オールスター選出15度、オールNBAチーム選出9度、オールディフェンシブチーム選出12度と、攻守兼備のオールラウンダーとして活躍してきた。

 今年2月、セルティックスはガーネットが着用していた5番を永久欠番にすると発表しており、来季セレモニーが行なわれる予定。また、ガーネットは今年のバスケットボール殿堂入りも決まっており、こちらは来年5月に式典が開催される。

 ガーネットは現役時代、その熱い性格ゆえに相手選手と一触即発になる場面も多く、暴言を吐いて批判を浴びることもあったが、07年のセルティックス移籍後は守護神としてリーダーシップを発揮。ポール・ピアース、レイ・アレン、ラジョン・ロンドらとともに08年の優勝に大きく貢献した。アメリカ代表としても00年のシドニー五輪で金メダルを獲得しており、自叙伝の話題には事欠かないはず。

 これまでガーネットに関する記事はいくつも報道されてきたが、『KG A to Z』は、本人の視点で描かれた作品だけに、メディアだけでなく、選手たちからも大きな注目を集めることになるだろう。

文●秋山裕之(フリーライター)
NEXT
PAGE
【写真】初の自叙伝『KG A to Z』の製作と表紙を公開したKGのツイート

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング