専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「デイビスはダンカンよりも才能に恵まれている」ダドリーが語った歴代最高のPF論

秋山裕之

2020.10.27

個人成績はダンカン(右)に引けを取らないデイビスだが、優勝回数は遠く及ばない。27歳の万能ビッグマンは、引退までに歴代最高のPFの座を手にすることができるか。(C)Getty Images

個人成績はダンカン(右)に引けを取らないデイビスだが、優勝回数は遠く及ばない。27歳の万能ビッグマンは、引退までに歴代最高のPFの座を手にすることができるか。(C)Getty Images

 今季ロサンゼルス・レイカーズに加入した“AD”ことアンソニー・デイビスは、キャリア8年目にして初のNBAチャンピオンに輝き、マイアミ・ヒートとのファイナルでは平均25.0点、10.7リバウンド、3.2アシスト、1.3スティール、2.0ブロック、フィールドゴール57.1%(56/98)、3ポイント42.1%(8/19)、フリースロー93.8%(30/32)と見事な成績を残した。

 レギュラーシーズンでも平均26.1点、9.3リバウンド、3.2アシスト、1.5スティール、2.3ブロックと暴れ回り、ニューオリンズ・ペリカンズに在籍していた2017-18シーズン以来となるオールNBA1stチーム、オールディフェンシブ1stチームの両部門で選出。

 最優秀守備選手賞の投票でもヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)に次ぐ2位に入ったデイビスは、208㎝・114㎏の体格でコート上を走り回り、複数のポジションの選手をガードできるだけでなく、リムプロテクターとしてもリーグ有数の評価を得ている万能戦士だ。

 NBA初優勝を飾ったデイビスは「お前はチャンピオンだ、と言われるとレガシー(名誉)の一部だと思うね。これは誰もが言えることじゃないんだ。俺はニューオリンズでも同じことをやりたかった。7年間もいたんだから。毎回、コートに出たらチャンピオンシップを競い合いたかったんだ」と振り返っていた。
 
 加入1年目からレイカーズを10年ぶりの優勝に導いた27歳は「これからの4、5年間、もっともっと自分を向上させていきたい。自分のゲームを進化させ続けて、この感覚をまた味わいたいんだ」と、選手としてさらに成長することを課していた。

 攻守兼備のパワーフォワード(PF)として、リーグ最高級の評価を確立したデイビス。NBAでは過去に数多くの偉大なPFがリーグ史に名を残してきた。近年ではティム・ダンカンやダーク・ノビツキー、ケビン・ガーネット。それ以前ではカール・マローンにチャールズ・バークレー、ケビン・マクヘイル、エルビン・ヘイズ、ボブ・ペティット、ドルフ・シェイズといった選手たちだ。

 なかでもサンアントニオ・スパーズで5度の優勝に貢献したダンカンは、歴代最高のPFと言われている。だが今季チームメイトとしてデイビスを間近で見てきたジャレッド・ダドリーはダンカンよりもデイビスの方が上だと明言。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング