専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

NBA選手会が2020-21シーズンの12月22日開幕を承認。東京五輪に八村塁らトップ選手参加の可能性が浮上

ダンクシュート編集部

2020.11.06

選手会がリーグの案を承認し、12月22日のシーズン開幕に向けて動き出した。(C)Getty Images

選手会がリーグの案を承認し、12月22日のシーズン開幕に向けて動き出した。(C)Getty Images

 NBAが新シーズンに向けて動き出した。

 NBA選手会は11月5日(日本時間6日、日付は以下同)、各チームの代表者による投票を行ない、2020-21シーズンを12月22日に開幕する案を承認。来季はレギュラーシーズンが10試合減となる72試合の短縮シーズンで幕を開けることになりそうだ。

 選手会は公式リリースで以下の声明を発表。
「NBPA(NBA選手会)の選手代表委員会は、2020-21シーズンの12月22日の開幕と72試合のスケジュールを暫定的に承認しました。追加の詳細は交渉中ですが、NBPAは次のシーズンに関連する残りの問題について合意に達することを確信しています」

 選手会では当初、来年1月18日の開幕を推す声もあったが、試合数の減少によるサラリー減などを考慮し、年内の開幕で一致した模様。リーグは毎年の恒例イベント「クリスマスゲーム」を実施・放映することなどにより、5億~10億ドルの収益が見込めると予測している。今後は来週を目途に労使協定を修正する見通しだが、サラリーキャップは前シーズンとほぼ同額の1億900万ドル程となるようだ。
 
 今後のスケジュールは、11月18日に新人ドラフトが行なわれ、その後間もなく各チームによるFA選手との交渉が解禁となる見込み。12月1日にトレーニングキャンプがスタートし、プレーオフの開始は5月中旬、NBAファイナルは7月22日頃に終了する見込みだ。

 東京五輪の男子バスケットボール競技は7月25日~8月7日のため、開幕前にはNBAの全日程が終了することになる。終了からわずかな期間しかないため、ファイナル及びプレーオフに出場した選手の五輪参加は未知数だが、日本代表のエースとして期待される八村塁を含む各国のNBA選手が東京に集う可能性が浮上した。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!
NEXT
PAGE
【動画】NBAが帰ってくる!2019-20シーズン再開後のTOP50プレー

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング