専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

100時間未満で3チームをたらい回し…キャリア16年のアリーザが“NBA史上最もトレードされた男”に

秋山裕之

2020.11.22

アリーザは今オフに3度のトレードを経験し、史上最多トレード回数を更新することに。(C)Getty Images

アリーザは今オフに3度のトレードを経験し、史上最多トレード回数を更新することに。(C)Getty Images

 11月16日(日本時間17日、日付は以下同)にトレードが解禁されたことにより、18日のドラフト、そして20日に交渉解禁となったFA(フリーエージェント)争奪戦に絡めて、ここまで数多くの選手が移籍している。

 NBAではトレードやFA、または解雇による選手の移籍は日常茶飯事。昨季までNBA史上最長となる22シーズンをプレーしたヴィンス・カーターも、4度のトレードを含む計8チームに所属している。そう考えると、キャリアを通して1チームのみでプレーしてきたダーク・ノビツキーやコビー・ブライアントといった存在が、いかに希少だったかがわかるだろう。

 そんななか、オフシーズンに入ってトレードの“犠牲者”になっているのがトレバー・アリーザだ。16年のキャリアを誇るベテランフォワードは、ロサンゼルス・レイカーズ時代の2009年にリーグ制覇を果たした経験もある実力者。そして同時に、昨季終了時点で7度もトレードで所属チームが変わり、計9球団を渡り歩いてきたジャーニーマンでもある。
 
 11月16日に『Sports Casting』へ掲載された“NBA史上最も多くトレードされた選手”にリストアップされているのは、それぞれ8回でデイル・エリス、クリス・ギャトリング、ドン・マクリーン、ビリー・オーウェンスの4人。ドラフト当日も含めて、キャリアのなかで8回もトレードを経験するのは間違いなくレアケースだろう。

 そして今オフ、アリーザは16日にポートランド・トレイルブレイザーズからヒューストン・ロケッツ、18日にはロケッツからデトロイト・ピストンズ、さらには21日にピストンズからオクラホマシティ・サンダーへとトレード。実質100時間未満で3度もトレードを経験し、これにより通算10度目のトレードとなったことで、NBA史上最多記録を更新する結果となった。

 2015年6月には、ルーク・リドナーが4度もトレードされるという珍事を経験している。それがきっかけでリドナーはNBAと決別しているだけに、アリーザの心境は気になるところだ。
 
NEXT
PAGE
レイカーズへトレードされた当時をアリーザが回顧

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング