専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

ビールがウエストブルックを「これまでで最高のチームメイト」と称賛。その理由は“漢気”?〈DUNKSHOOT〉

ダンクシュート編集部

2021.03.18

ビール(左)は今季からウィザーズに加入したウエストブルック(右)を「これまでで最高のチームメイトで、最高のリーダー」と褒めちぎった。(C)Getty Images

ビール(左)は今季からウィザーズに加入したウエストブルック(右)を「これまでで最高のチームメイトで、最高のリーダー」と褒めちぎった。(C)Getty Images

 八村塁が所属するワシントン・ウィザーズは、現在14勝24敗(勝率36.8%)でイースタン・カンファレンス12位。2月後半には王者ロサンゼルス・レイカーズや強豪デンバー・ナゲッツを敵地で下すなど波に乗っていたが、3月に入ってからはわずか1勝、オールスター後は4連敗と調子を落としている。

 戦犯として、しばしば批判の矢面に立たされるのが、今季ヒューストン・ロケッツから加入したラッセル・ウエストブルックだ。32歳のオールスターガードはここまで平均21.2点、9.3リバウンド、10.1アシストとオールラウンドに活躍。積極的なアタックは彼の魅力のひとつだが、ボールを長く持ちすぎ、オフェンスのリズムを悪くしてしまう場面も散見される。

 しかしウエストブルックとバックコートコンビを結成するブラッドリー・ビールは、彼とのプレーに満足しているようだ。ラジオ番組『SiriusXM NBA Radio』に出演した際、プレーはもちろん、人間性に至るまで絶賛している。

「リーダーとして、プレーヤーとして、父として、男として、彼は恐らくこれまでで最高のチームメイトだ。特にリーダーシップという点では、今まで一緒にいた連中の中で最高のリーダーのひとりだろう。彼は自分に責任を負っているからね」
 
 ウエストブルックが時に批判を浴びるプレースタイルをここまで貫き続けたのは、その全責任を負っているからに他ならない。おそらくビールは“漢気”のようなものに感銘を受けているのだろう。無論、自身が今季リーグトップの平均得点(32.3点)をマークしていることも、多分に影響しているに違いない。

 ちなみにビールは昨季まで8シーズンにわたり、リーグ随一の司令塔ジョン・ウォール(現ロケッツ)とプレーしている。

 ウォールはオールスター選手である一方で、ケガが多く、過去には指揮官批判やトレード要求、さらにビールとの不仲説も噂されるなど、ネガティブな面も多少あった。決して悪い選手ではないものの、こと“漢気”に関してはウエストブルックの方が上に感じたのかもしれない。

 エースも称賛する正真正銘のリーダーは、スランプに陥っているウィザーズを正しい方向へ導けるのか。今後の反撃に注目が集まる。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】攻守でアグレッシブに躍動!NBA1年目から存在感を放った八村塁の厳選ショット!
NEXT
PAGE
【動画】デュラントを上回る41得点!ウエストブルックのネッツ戦ハイライトはこちら!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング