専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

4年ぶりのプレーオフを目指すホークスに強力な助っ人!現役屈指のシックスマン、ルー・ウィリアムズが加入〈DUNKSHOOT〉

秋山裕之

2021.03.27

ウィリアムズは185㎝と小柄ながら、キャリア平均14.4点と非凡な得点力を持つ。ベンチの層が薄いホークスにとって大きな戦力になるに違いない。(C)Getty Images

ウィリアムズは185㎝と小柄ながら、キャリア平均14.4点と非凡な得点力を持つ。ベンチの層が薄いホークスにとって大きな戦力になるに違いない。(C)Getty Images

 3月25日(日本時間26日、日付は以下同)にNBAはトレード・デッドラインを迎え、今年オールスターに選ばれたニコラ・ヴュチェビッチがオーランド・マジックからシカゴ・ブルズへ、現役屈指の2ウェイプレーヤーのヴィクター・オラディポがヒューストン・ロケッツからマイアミ・ヒートへ移籍するなど、多くの選手たちが新天地へ旅立った。

 そんななか、アトランタ・ホークスは4シーズンぶりのプレーオフ進出に向けてスパートをかけるべく、オフシーズンに加入したラジョン・ロンドをロサンゼルス・クリッパーズへ放出し、ルー・ウィリアムズと2つのドラフト2巡目指名権(2023、27年)を獲得した。

 25日終了時点で、ホークスはイースタン・カンファレンス6位の22勝22敗(勝率50.0%)。3月上旬にヘッドコーチ(HC)のロイド・ピアースを解任し、アシスタントコーチのネイト・マクミランを暫定HCへ昇格させると、怒濤の8連勝でプレーオフ出場圏内へ急浮上した。

 対戦相手に恵まれた部分もあり、22日のクリッパーズ戦で連勝はストップ、24日のサクラメント・キングス戦にも敗れて連敗したものの、26日には敵地でゴールデンステイト・ウォリアーズを124-108で下して連敗を止め、23勝22敗で勝率5割(51.1%)をキープした。
 
 だが、イーストは4位のシャーロット・ホーネッツ(22勝21敗/勝率51.2%)から9位のインディアナ・ペイサーズ(20勝23敗/勝率46.5%)まで6チームが2.0ゲーム差でひしめき合っており、1試合の勝敗で順位が入れ替わるという大混戦になっている。

 そこでホークスは、リーグ29位の平均31.2点に沈むベンチの得点力を強化すべく、最優秀シックスマン賞に3度輝いた実績を持つウィリアムズを補強。NBA16年目の34歳は、キャリア平均14.4点、3.5アシストを誇るコンボガードで、ベンチスタートとして通算1万2813得点を残してきた。これは1970-71シーズン以降ではベンチ選手としては歴代最多で、ベンチスタートのスペシャリストと言っていいだろう。

 マクミラン暫定HCの下、ホークスはディフェンス面こそ改善傾向にあるものの、エースのトレイ・ヤング不在時のオフェンスに課題を残していた。オフェンシブ・レーティングで見てみても、ヤング出場時は118.8ながら、ベンチに下がった時間帯では106.1とその差は歴然。ウィリアムズ獲得は理に適っていると言えるだろう。
 
NEXT
PAGE
ウィリアムズは引退について考えていたが…

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング