専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

八村塁の母校・ゴンザガ大は悲願の初優勝ならず…45年ぶり“不敗王者”が懸かった最終戦での初黒星で涙を呑む【NCAAトーナメント】

ダンクシュート編集部

2021.04.06

初優勝を遂げ歓喜に沸くベイラー大。一方、ゴンザガ大は今季初黒星を喫し、全勝優勝とはならなかった。(C)Getty Images

初優勝を遂げ歓喜に沸くベイラー大。一方、ゴンザガ大は今季初黒星を喫し、全勝優勝とはならなかった。(C)Getty Images

 アメリカ大学バスケットボールの頂点を決めるNCAAトーナメントは、4月5日(日本時間6日)に決勝を迎え、ベイラー大の初優勝で幕を閉じた。初の頂点を目指したゴンザガ大は、八村塁(当時1年)が在籍した2017年と同じく準優勝に終わった。

 ウエスト地区第1シードのゴンザガ大とサウス地区第1シードのベイラー大による大一番。持ち味を発揮したのは、上級生を中心に堅い守備を見せた後者だった。

 試合開始から9-0の好スタートを切ると、前半残り10分にはリードを19点に拡大。47-37で迎えた後半も最大20点差をつけるなど、終始危なげない戦いで86-70と会心の勝利を収めた。

 創部115年目で初の全米制覇を果たしたベイラー大は、今季のオールアメリカンチームに選ばれたジャレッド・バトラー(3年)が4本の3ポイントを含む22得点、7アシスト、デイビオン・ミッチェル(3年)が19得点と、NBAドラフト候補に挙がる2選手が勝利の立役者となった。
 
 一方、敗れたゴンザガ大は3ポイントが29.4%(5/17)と決まらず、今季最少得点で完敗。1回戦から準決勝までの5試合で平均89.2点を奪った攻撃力は鳴りを潜めた。

 準決勝で劇的なブザービーターを沈め、今年のドラフトでトップ3指名が有力視されるジェイレン・サッグス(1年)は22得点と気を吐いたものの、今季平均18.8点を記録していたコリー・キスパート(4年)と同19.2点のドリュー・ティミ(2年)はそれぞれ12得点。今季は開幕から負け知らずで、1975-76シーズンのインディアナ大以来となる全勝優勝も期待されたが、最終戦で初黒星を喫し45年ぶりの「不敗王者」誕生はならなかった。

 試合後、シーズンを通してチームを牽引したキスパートは「悪い状況から生まれることもたくさんある。喜びは少しの苦しみなしには生まれない」とコメント。2019年に八村も受賞した「ジュリアス・アービング・アウォード」(大学最優秀スモールフォワード賞)に輝いた22歳は、今後のNBA入りに向けて前を向いた。

構成●ダンクシュート編集部
NEXT
PAGE
【動画】ベイラー大が初の全米制覇!ゴンザガ大を下した決勝の公式ハイライト

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号