専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

NBA屈指のビッグマン、オルドリッジが難病で現役引退。盟友リラードは永久欠番化を推挙<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2021.04.16

不整脈を抱えながらプレーしていたオルドリッジ。自身の健康を優先し、現役引退を決断した。(C)Getty Images

不整脈を抱えながらプレーしていたオルドリッジ。自身の健康を優先し、現役引退を決断した。(C)Getty Images

「これまでの15年間、私はバスケットボールを最優先にしてきた。今は自分の健康と家族のことを優先にする時がきたということ」

 オールスター選出7回、オールNBAチーム選出5回などリーグを代表するビッグマンとして活躍してきたラマーカス・オルドリッジ(ブルックリン・ネッツ)が、4月15日(日本時間16日、日付は以下同)にツイッターで、突然の現役引退を発表した。

 オルドリッジは2007年にウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群(Wolff-Parkinson-White syndrome/WPW症候群)と診断されていた。この病気は突然脈拍が速くなり、しばらく続いたあとに突然止まるというもの。血圧が下がるとふらつきや目の前が暗くなり、失神することも稀にあり、それが長時間続いてしまうと心機能が低下して心不全の状態になることもある。
 
 10日のロサンゼルス・レイカーズ戦。オルドリッジは不整脈の症状があるなかで22分35秒プレーし、12得点、3ブロックを記録したが、その後に症状が悪化。「翌朝、チームに伝えたんだ。すると彼らは僕を病院へと連れて行ってくれた。今は良くなっているけど、あの夜に体験したことはこれまでの人生で最も恐ろしいことのひとつだった」と明かしている。

 オルドリッジは2006年のドラフト全体2位でシカゴ・ブルズから指名され、直後のトレードでポートランド・トレイルブレイザーズに入団。同球団には9年間在籍し、通算出場試合数で5位、通算得点で3位と看板選手としての地位を築いた。2015年にサンアントニオ・スパーズに移籍後は今季途中まで5年半在籍。3月28日にネッツに移籍したばかりで、前述のレイカーズ戦まで5試合に出場していた。

 今季を含めたキャリア15シーズンで通算1029試合(うち先発985試合)に出場。平均19.4点(通算19951点)、8.2リバウンド(同8478本)、2.0アシスト(同2034本)、1.11ブロック(1140本)という成績を残した。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング