専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

“勝利に値しない”状態から復調したヒート。闘将バトラーも「ベストなバスケができている」と納得の表情<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2021.05.03

不振のチームに「勝利に値しない」と憤慨していたバトラーだが、ここ最近の好調ぶりには満足している様子だ。(C)Getty Images

不振のチームに「勝利に値しない」と憤慨していたバトラーだが、ここ最近の好調ぶりには満足している様子だ。(C)Getty Images

 昨季6年ぶりにNBAファイナル進出を果たし、サプライズチームとしてリーグを驚かせたマイアミ・ヒート。今季も優勝候補の一角として開幕を迎えたが、大黒柱のジミー・バトラーを筆頭にケガ人も多く、3月には複数のトレードを断行しロースターをマイナーチェンジするなど、なかなか波に乗れずにいた。

 3月には今季ワーストの6連敗、4月中旬にはアウェー3連敗を喫してしまい、バトラーは「俺たちは勝利するに値しない。ディフェンス面でやるべきことができていない。チーム全体、グループ、ユニットとしてダメだ。俺たちはいいバスケットボールができていない」と怒りを露わに。

「俺たちがそのことをどう理解するかだ。俺たちがこの先どこへ向かうかはわからない。このチームがこれからどんなプレーを見せていくのか、俺にはわからないね」と口にしたバトラーだったが、どうやらこの発言が、チーム好転のターニングポイントになったようだ。
 
 ヒートは5月2日(日本時間3日、日付は以下同)にシャーロット・ホーネッツを121-111で下し、3連勝をマーク。ここ9戦で7勝2敗とし、シーズン最終盤に入ってようやく調子を上げている。

 この試合でバトラーは18得点、8リバウンド、8アシストとオールラウンドな活躍を披露。「正しい時に、誰だって自分たちのベストなバスケットボールをプレーしたいものさ。俺はこのチームが、肝心な時にベストなバスケットをできていると思うね」と語り、チームの現状に自信を覗かせた。

 なお、ヒートはバム・アデバヨが20得点、7リバウンド、10アシスト、ケンドリック・ナンが19得点、ゴラン・ドラギッチが18得点、ドゥエイン・デッドモンが14得点、8リバウンド、ダンカン・ロビンソンが10得点、トレバー・アリーザが9得点、7リバウンド、3スティール、2ブロックをマーク。相手に的を絞らせない、バランスの良いオフェンスが光った。

 ヒートが復調した要因のひとつは、間違いなくオフェンス力の向上だ。シーズン全体で見るとオフェンシブ・レーティングがリーグ23位の109.5ながら、ここ9試合に限れば同4位の117.6と飛躍的に上昇。48分間あたりのポゼッション数がリーグワーストの94.72回とペースを落としながらも、効率の良い攻撃を見せている。
 
NEXT
PAGE
「プレーイン・トーナメントはやりたくない」とドラギッチ

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング