専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「いくらなんでも酷すぎる」マジックのコール・アンソニーがオールルーキーチーム不選出に落胆<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2021.06.18

新人王のボール(左上)や平均20点近くを稼いだエドワーズ(左下)は順当に選出。一方、オールスター後に平均15.0点、4.5アシストと奮闘したアンソニー(右)は2ndチームからも漏れた。(C)Getty Images

新人王のボール(左上)や平均20点近くを稼いだエドワーズ(左下)は順当に選出。一方、オールスター後に平均15.0点、4.5アシストと奮闘したアンソニー(右)は2ndチームからも漏れた。(C)Getty Images

 6月17日(日本時間18日)、NBAは2020-21シーズンのオールルーキーチームを発表した。1stチーム、2ndチームに選ばれたルーキーたちは下記の通り(チーム名は略称)。

■オールルーキー1stチーム(所属/獲得ポイント)
ラメロ・ボール(ホーネッツ/198ポイント)
アンソニー・エドワーズ(ウルブズ/198ポイント)
タイリース・ハリバートン(キングス/197ポイント)
サディック・ベイ(ピストンズ/162ポイント)
ジャイショーン・テイト(ロケッツ/154ポイント)

■オールルーキー2ndチーム(所属/獲得ポイント)
イマニュエル・クイックリー(ニックス/148ポイント)
デズモンド・ベイン(グリズリーズ/88ポイント)
アイザイア・スチュワート(ピストンズ/71ポイント)
アイザック・オコロ(キャブズ/53ポイント)
パトリック・ウィリアムズ(ブルズ/50ポイント)
 
 オールルーキーチームは、99名のスポーツライターならびに放送関係者による投票で決まるアウォードで、1位票が2ポイント、2位票は1ポイントが換算される。新人王のボール、ルーキートップの平均19.3点を叩き出したエドワーズ、新人王のファイナリストに名を連ねたハリバートンの3選手は、今季のルーキーを象徴する存在だけに順当と言っていいだろう。

 ベイは今季のルーキーで唯一プレーヤー・オブ・ザ・ウィーク(週間MVP)に選ばれるなどピストンズの嬉しい誤算に。テイトは昨季NBLのシドニー・キングスでプレー後、ドラフト外でロケッツへ入団。平均11.3点、5.3リバウンド、2.5アシスト、1.2スティールにフィールドゴール50.6%と下位に沈んだチームの希望の光となった。

 一方、2ndチームではクイックリー、ベイン、スチュワート、オコロ、ウィリアムズが入った。クイックリーとベインはセカンドユニットの貴重なスコアラーとしてチームのプレーオフ進出に貢献。センターのスチュワートはルーキートップの平均1.3ブロック、オコロは平均32.4分で9.6点、3.1リバウンド、ウィリアムズは71試合でスターターを務めて平均9.2点、4.6リバウンドをマークした。
 
NEXT
PAGE
2試合で決勝弾を決めるなどインパクトを残したアンソニーだが…

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング