専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
東京五輪

アメリカ代表がナイジェリア代表にまさかの逆転負けも、ポポビッチHCは「この敗戦をどこか嬉しく思う」と前向き<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2021.07.11

エキシビションゲーム初戦で黒星を喫したアメリカ代表。ナイジェリアのタフな守備に苦しめられた。(C)Getty Images

エキシビションゲーム初戦で黒星を喫したアメリカ代表。ナイジェリアのタフな守備に苦しめられた。(C)Getty Images

 7月10日(日本時間11日、日付は以下同)、アメリカ代表は東京オリンピックに向けたエキシビションゲームの初戦として、ナイジェリア代表と対戦した。

 この試合を迎える前の時点で、アメリカ代表は1992年にプロ選手の参戦が容認されて以降、エキシビションゲームで54勝2敗。ナイジェリア代表には9年前のロンドン・オリンピックで83点差、5年前のエキシビションゲームでも43点差で圧勝していたため、この日も勝利が予想されていたものの、87-90でまさかの敗北を喫することとなった。

 ナイジェリア代表のロースターにはNBAのオールスター級のプレーヤーこそいないが、ジョシュ・オコギー(ミネソタ・ティンバーウルブズ)やプレシャス・アチウワ(マイアミ・ヒート)といった現役NBA選手が多数所属。恵まれた身体能力とフィジカルの強さを生かしたタフなディフェンス、そして3ポイント成功率47.6%(20/42)と効果的に長距離砲を沈めたことで、価値ある勝利を手にした。
 
 なかでもヒートのゲイブ・ヴィンセントが6本の3ポイントを含む21得点、イスラエルでプレーするケイレブ・アガダが17得点と活躍。アメリカのディフェンスを分断し、チーム全体で21本ものアシストを積み上げた。

 ナイジェリア代表を率いるのは、ゴールデンステイト・ウォリアーズでアシスタントコーチを務めるマイク・ブラウン。4日間のトレーニングキャンプを積んだだけのアメリカ代表とは対照的に、彼らは6月20日にチームを集め、27日からチーム全員が集結してケミストリーを構築してきたことが勝利を生んだと言える。

「これはあくまでエキシビションゲームで、この結果が順位表に関わってくることはない。でも我々にとっては大きな勝利になった。アフリカのチームがアメリカを倒すなんて、誰も思っていなかっただろうからね」

 そう話し、指揮官は勝利を喜んだ。

 一方、敗れたアメリカ代表はケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)やジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)、デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)らを中心に攻め立てるも、ペイントエリアでショットを決め切れず。球際の争いで劣勢になったこともあり、前半残り約5分時点で奪っていた10点のリードを守り切れなかった。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング