専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
東京五輪

世界的アーティスト、レッチリのフリーが町田瑠唯の虜に!「彼女は真のダイナモ」「最も好きなバスケ選手になった」【東京五輪】

ダンクシュート編集部

2021.08.08

世界的アーティストのフリー(左)は東京五輪で町田のファンになったという。(C)Getty Images

世界的アーティストのフリー(左)は東京五輪で町田のファンになったという。(C)Getty Images

 バスケットボール女子日本代表は東京五輪で史上初めて決勝まで勝ち進み、本日の試合でアメリカに敗れたものの、堂々の銀メダル獲得で世界に衝撃を与えた。

 今大会の日本はエースの渡嘉敷来夢がケガで欠場を余儀なくされたが、キャプテンの高田真希、司令塔の町田瑠唯、本橋菜子、シューターの林咲希を中心に予選ラウンドを2位で突破。準々決勝ではベルギーに逆転勝ちを収め、準決勝ではフランスに快勝した。

 なかでも司令塔の町田は見事なゲームメークでチームを牽引。フランス戦では抜群の判断力で試合を組み立て、五輪新記録の18アシストを残し、歴史に名を刻んだ。
 
 そんな162㎝の司令塔に魅了されたのは、日本人だけではなかったようだ。アメリカのロックバンドで日本でも人気の高い『レッド・ホット・チリ・ペッパーズ』のベーシスト、フリーは、自身のツイッターで「ルイ・マチダは俺の最も好きなバスケットボール選手になった」とツイート。さらに彼はアメリカ戦で「カモン、リトルマチダ!彼女は真のダイナモだ」と称賛した。

 ロサンゼルス出身のフリーは地元のNBAチーム、レイカーズの試合を会場で観戦するなどバスケ好きとして知られる。彼自身も168㎝とアメリカ人としては小柄なことから、町田のプレースタイルの虜になったようだ。

 日本のバスケ界ではNBAで活躍する八村塁が有名だが、東京五輪でもう1人の“ルイ”も大きく名を上げたことは間違いない。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】日本史上初の銀メダル!快進撃を演じたバスケットボール女子日本代表ベストショット!

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング