専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
東京五輪

「とても誇りに思う」女子バスケ主将の高田真希がメダリスト会見で喜びの声「子どもたちに勇気と元気を届けられた」【東京五輪】

ダンクシュート編集部

2021.08.09

東京五輪で日本を牽引したキャプテンの高田がメダル獲得の喜びを語った。(C)Getty Images

東京五輪で日本を牽引したキャプテンの高田がメダル獲得の喜びを語った。(C)Getty Images

 東京五輪で史上初の銀メダルを獲得し、国内外で大きな話題を呼んだ日本女子バスケ代表。

 大会終了から一夜明けた8月9日、12人の選手たちとトム・ホーバス・ヘッドコーチは都内でメダリスト会見を行なった。

 キャプテンの高田真希は大会を終えて「皆さんたくさんの応援ありがとうございました。金メダルを目標にずっとやってきたので最後負けてしまって悔しい気持ちはありますけど、バスケ界初のメダルを獲得できてとても誇りに思います。そしてバスケ界が掲げている『バスケで日本を元気に』を、たくさんの方々に元気や勇気が届いていたら嬉しいなと思います」と充実した表情で語った。

 初のメダルを獲得した今大会は「五輪前になかなか海外の選手と対戦する機会が少なかったので、そういう経験を少しでも積めたことは良かったです。国内でそういった経験はできないので」と振り返った。

 また高田はホーバス・コーチについて「正直、練習はきついです」と切り出し、次のようにコメント。

「体力的な部分もそうですけど、フォーメーションも多いので頭を使うことも大変です。自分が良く言われるのはディフェンスの時のスクリーンの確度が少しでも違うと、何回もリポートさせられるので。でも今回戦ってそういった部分が大切だと思いましたし、だからこそ結果に表われるんだと思うので、練習中はすごくしんどいですけど、練習がしんどくて試合の方が楽と感じた初めての監督でした」

 続けて「あとヘッドコーチ就任当初から金メダル獲得をずっと言い続けてくれたので、それを自分たちは信じて、期待に応えたいというのが全選手にあったので、それがここまでの活躍につながったと思うので、すべてにおいて良いヘッドコーチだと思います」と感謝を語った。
 
 パリ五輪に向けては「今やっていることの精度をもっともっと上げることと、(決勝の)アメリカ戦もそうですけどフィニッシュの機会でブロックされることが多かったので、フィニッシュの部分での工夫が必要になります。スピードや3ポイントは通用しているけど、これからはそういったところを警戒されてくるので。今まで通用したことを対応されてもその上を行けるような精度を上げていくことと、フィニッシュの精度をもっと工夫していく必要があるかなと思います」と課題を挙げた。

 最後に女子バスケの今後について高田は「もっともっと盛り上げたいと思っていますし、私たちにできることは常に結果を出し続けることだと思います。どんな大会もそうですが、(国内のリーグ戦が始まる)10月から各所属チームに戻って、今まで仲間だったチームメイトと敵として戦うので、そこでお互い切磋琢磨する試合をたくさんの方々に見ていただきたい」とファンにメッセージ。

 そして「(東京五輪で)小さい選手が大きい選手相手に戦えることを証明できたことは、子どもたちに勇気、元気を届けられたと思うので、自分たちにできることは常に結果を出し続けることだと思います。今はなかなか難しいですが、落ち着いたらたくさんの人たちの前で試合をしたいです」と決意を語った。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】日本史上初の銀メダル!快進撃を演じたバスケットボール女子日本代表ベストショット!

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング