専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

【NBA新人チェック|イースト編】モーブリー、バーンズらは上々。ペイサーズの24歳が球団新&歴代11位の鮮烈デビュー<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2021.10.21

モーブリー(左)、バーンズ(右上)ら期待のルーキーが続々とデビュー。なかでもペイサーズのドゥアルテ(右下)が圧巻の存在感を放った。(C)Getty Images

モーブリー(左)、バーンズ(右上)ら期待のルーキーが続々とデビュー。なかでもペイサーズのドゥアルテ(右下)が圧巻の存在感を放った。(C)Getty Images

 現地10月19日(日本時間20日)、NBAの2021-22シーズンが開幕した。すべてのチームにとって新たな船出となるシーズン初戦、注目のひとつが記念すべき初陣を飾ったルーキーたちのパフォーマンスだ。2021年ドラフト組の中から、特に注目すべき5選手のデビュー戦をレポートする。まずは【イースタン・カンファレンス編】だ。
※各選手のデビュー戦の成績を掲載。左から対戦相手、出場時間、得点、リバウンド、アシスト、±(出場時のチームの得失点差)。

■エバン・モーブリー(キャバリアーズ/1巡目3位/211cm・98kg)
vs グリズリーズ/38分・17点・9R・1A・-18

 未来のスター候補と期待される万能ビッグマンは、開幕スタメンの座を勝ち取り、17得点、9リバウンドと上々のデビュー。6アシストに加え、スティールとブロックも1本ずつ記録し、デビュー戦で同成績を残した史上2人目の選手となった(もう1人は2018年にデビューしたサンズのディアンドレ・エイトン)。試合には敗れたものの、チーム最多の38分コートに立ち、3ポイントも2本中1本を沈めるなどポテンシャルの高さを証明した。
 
■スコッティ・バーンズ(ラプターズ/1巡目4位/201cm・102kg)
vs ウィザーズ/33分・12点・9R・1A・-11

 モーブリーと同様、開幕から先発に名を連ね、攻守両面でチームの主軸として奮闘。第1クォーターに鮮やかな左手フックで初得点をあげると、チーム全体がシュートの不振に苦しむなかで最多タイの12得点をマークした。6ターンオーバー、5ファウルは要改善だが、積極性の表われとも言えるだろう。

■ジェイレン・サッグス(マジック/1巡目5位/196cm・93kg)
vs スパーズ/30分・10点・1R・1A・-13
■フランツ・ヴァグナー(マジック/1巡目8位/208cm・100kg)
vs スパーズ/32分・12点・4R・2A・-4

 マジックのドラフト1巡目コンビも、ともに先発出場で2桁得点発進。ヴァグナーは開始2分にレイアップ、サッグスは同3分にフローターで初得点をマークした。もっとも、ゴンザガ大で昨季全米準優勝に貢献したサッグスはチーム最多14本のシュートを放って成功は3本(うち3ポイントは1/6)、ターンオーバーも3つとやや精彩を欠く結果に。チームも大敗と、ほろ苦いデビューとなった。
 
NEXT
PAGE
ペイサーズの即戦力ルーキーが、デビュー戦の球団新記録を更新

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング