専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「バスケットボールを学ぶ生徒のようだった」ピッペンが“一緒にプレーしてみたかった選手”を明かす<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2021.12.01

ピッペンは一緒にプレーしたかった選手に、ジョーダン引退後にリーグを支配したコビー(右)の名前を挙げた。(C)Getty Images

ピッペンは一緒にプレーしたかった選手に、ジョーダン引退後にリーグを支配したコビー(右)の名前を挙げた。(C)Getty Images

 1990年代にNBAを支配したシカゴ・ブルズの主力で、殿堂入り選手のスコッティ・ピッペンは、赤裸々に思いを綴った自身初の自伝『Unguarded』で史上最高のデュオとも呼ばれた名相棒のマイケル・ジョーダンを辛辣に批判して波紋を呼んでいる。そのなかで、“一緒にプレーしてみたかった選手”にジョーダンの正統後継者の名前を挙げた。

 ピッペンはプロ入りした1987年から98年までブルズでプレー。91~93年の前期はジョーダンとのデュオ、96~98年の後期はジョーダン、デニス・ロッドマンとの三銃士で3連覇を果たした。

 ピッペンは攻守万能のオールラウンダー、そしてチームプレーヤーとして存在感を示した一方、共闘した相棒が神様ジョーダンだったこともあって、太陽と月のような関係で、“2番手”の枠から抜け出すことはできなかった。

 ピッペンは著書『Unguarded』で、「私はマイケルよりもはるかに優れたチームメイトだった。私はいつも、背中を押すように励ましの言葉をかけて、仲間たちが自信を失うのを防いでいた。ドキュメンタリー(『ザ・ラストダンス』)でマイケルがチームメイトにひどい扱いをするのを改めて見て、恐ろしくなったよ」と“ジョーダン批判”をしていた。
 
 そんなピッペンは、著書のプロモーションを兼ねて出演した『GQ Sports』のインタビューで、「一緒にプレーした中でベストのチームメイトと、プレーしてみたかった選手は?」という読者の質問に答えている。

「今まで一緒にプレーした中でベストのチームメイトはマイケル・ジョーダンだ。それに疑いの余地はない。いつ、どんな時でもそう言うだろう。一緒にプレーしてみたかったけど、叶わなかった選手の1人がコビー・ブライアントだ」

 ブルズ時代にはジョーダン、ヒューストン・ロケッツ時代にはアキーム・オラジュワンやチャールズ・バークレー、ポートランド・トレイルブレイザーズ時代にはラシード・ウォーレスやアルビダス・サボニス、スティーブ・スミスらと共闘したピッペンだが、「ベストのチームメイト」に関してはジョーダン以外の選択肢はないという。
 
NEXT
PAGE
「彼は自分の能力を高めるために、人の知恵を借りることも厭わない」

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング